Microsoft Windows インストーラ (MSI) のサイレント インストール機能を使用して、View Agent Direct-Connection (VADC) プラグインをインストールできます。サイレント インストールはコマンド ラインを使用するため、ウィザードのプロンプトに応える必要はありません。

サイレント インストールでは、大規模エンタープライズに VADC プラグインを効率よく展開できます。Windows インストーラの詳細については、『 Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』ドキュメントの「Microsoft Windows インストーラ コマンド ライン オプション」を参照してください。VADC プラグインは次の MSI プロパティをサポートします。
表 1. View Agent Direct-Connection プラグインのサイレント インストールのための MSI プロパティ
MSI プロパティ 説明 デフォルト値
LISTENPORT リモート接続を受け入れるために VADC プラグインが使用する TCP ポート。デフォルトでは、インストーラはこのポートのトラフィックを許可するように Windows ファイアウォールを構成します。 443
MODIFYFIREWALL 1 に設定すると、インストーラは LISTENPORT のトラフィックを許可するように Windows ファイアウォールを構成します。0 に設定すると、インストーラはこのように処理しません。 1
DISABLE_SSLV3 SSL 3.0 がレジストリですでに明示的に有効または無効になっている場合、インストーラはこのプロパティを無視します。そうでない場合、このプロパティが 1 に設定されている場合はインストーラがオペレーション システム レベルで SSL 3.0 を無効化し、このプロパティが 0 に設定されている場合はインストーラが何もアクションを実行しません。 1

前提条件

  • Horizon Agent がインストールされていることを確認します。環境に Horizon 接続サーバが含まれていない場合、コマンド ラインから Horizon Agent をインストールし、Horizon Agent に Horizon 接続サーバに登録しないように指示するパラメータを指定します。HTML Access 用 View Agent のインストールを参照してください。

手順

  1. Windows コマンド プロンプトを開きます。
  2. サイレント インストールを指定するコマンド ライン オプションを使用して VADC プラグイン インストーラ ファイルを実行します。必要に応じて MSI プロパティをさらに指定できます。
    次の例では、デフォルトのオプションを指定して VADC プラグインがインストールされます。

    VMware-viewagent-direct-connection--y.y.y-xxxxxx.exe /s

    次の例では、VADC プラグインがインストールされ、リモート接続のために VADC がリスンする TCP ポートが指定されます。

    VMware-viewagent-direct-connection--y.y.y-xxxxxx.exe /s /v"/qn LISTENPORT=9999"