スマート カード認証を使用する場合、スマート カード証明書にサインする認証局(CA)が Windows 証明書ストアに常駐する必要があります。常駐していない場合、Windows 証明書ストアに CA を追加できます。

前提条件

Microsoft 管理コンソール(MMC)に証明書のスナップインがあることを確認します。『View のインストール』の「MMC への証明書スナップインの追加」を参照してください。

手順

  1. MMC を開始します。
  2. MMC コンソールで、[証明書(ローカル コンピュータ)]ノードを展開し、[信頼されたルート証明機関] > [証明書] フォルダに移動します。
    ルート証明書があり、証明書チェーンに中間証明書がなければ、MMC を終了します。
  3. [信頼されたルート証明機関] > [証明書] フォルダを右クリックし、[すべてのタスク] > [インポート] をクリックします。
  4. [証明書のインポート] ウィザードで、[次へ]をクリックしてルート CA 証明書が保存されている場所を参照します。
  5. ルート CA 証明書ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  6. [次へ] をクリックし、[次へ] をクリックし、そして [終了] をクリックします。
  7. スマート カード証明書が中間 CA によって発行されている場合、証明書チェーンのすべての中間証明書をインポートします。
    1. [証明書(ローカル コンピュータ)] > [中間証明機関] > [証明書] フォルダに移動します。
    2. 各中間証明書に対して、手順 3 から 6 を繰り返します。