ユーザーがデスクトップおよびアプリケーションにアクセスする前に、ユーザーに RDS デスクトップおよびアプリケーションに対する資格を割り当てる必要があります。

RDS ホストで Windows Server 2008 R2 SP1 が実行している場合、[RemoteApp マネージャ
]を実行して資格を構成します。

RDS ホストで Windows Server 2012 または 2012 R2 が実行している場合、[Server Manager] を実行して [リモート デスクトップ サービス] に移動し、資格を構成します。

デスクトップに対する資格

ユーザーに RDS デスクトップを起動する資格を割り当てるには、次の手順を実行します。

  • ユーザーがローカル グループ [View Agent Direct-Connection ユーザー] のメンバーであることを確認します。デフォルトでは、すべての認証されたユーザーはこのグループのメンバーです。
  • Windows Server 2008 R2 SP1 では、[RemoteApp マネージャ
] で、RD セッション ホスト サーバが [リモート デスクトップ接続を RD Web Access のこの RD セッション ホスト サーバに示す] に構成されていることを確認します。
  • Windows 2012 または 2012 R2 の場合、[Server Manager] を実行して [リモート デスクトップ サービス] に移動し、資格を構成します。

アプリケーションに対する資格

ユーザーに アプリケーションを起動する資格を割り当てるには、次の手順を実行します。

  • ユーザーがローカル グループ [View Agent Direct-Connection ユーザー] のメンバーであることを確認します。デフォルトでは、すべての認証されたユーザーはこのグループのメンバーです。
  • Windows Server 2008 R2 SP1 では、[RemoteApp マネージャ] で、アプリケーションが [RemoteApp プログラム] の下にリストされて、[RD Web Access] 用に設定され、すべてのユーザー、このユーザー、またはユーザーがメンバーであるグループに対して設定されたユーザー割り当てがあることを確認します。
  • Windows 2012 または 2012 R2 の場合、[Server Manager] を実行して [リモート デスクトップ サービス] に移動し、資格を構成します。