View 接続サーバ インスタンス上の LDAP 構成データを LDIF 構成ファイルにエクスポートし、LDIF 構成ファイルを変更し、変更した LDIF 構成ファイルを他の View 接続サーバ インスタンスにインポートすることで、自動一括構成処理を実行できます。

エクスポートした LDIF 構成ファイルの内容を調べると、View 内の LDAP 構成データの任意の項目に関する LDIF 構文の例を理解できます。たとえば、デスクトップ プールのデータを抽出し、多数のデスクトップ プールを作成するためにテンプレートとしてそのデータを使用できます。