View 4.5 以降のリリースでは、vdmimport コマンドを使用して、構成データを LDIF 構成ファイルからスタンダードまたはレプリカの View 接続サーバ インスタンスにインポートできます。

デフォルトでは、vdmimport コマンドライン ユーティリティは C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\tools\bin ディレクトリにインストールされます。

前提条件

手順

  1. 管理者ロールのユーザーとして View 接続サーバ インスタンスにログインします。
    View 構成リポジトリに構成データをインポートするには、管理者ロール内のユーザーとしてログインする必要があります。
  2. コマンド プロンプトで vdmimport コマンドを入力し、-f オプションを使用してインポートする LDIF 構成ファイルを指定します。
    例: vdmimport -f myexport.LDF

結果

vdmimport コマンドの実行後、このファイルからのデータで View 接続サーバ インスタンスの構成が更新され、正常に更新されたレコード数が表示されます。ロールに十分な権限がないためにレコードを更新できなかった場合、エラーが表示されます。