View がセッション開始スクリプトを実行する各 View デスクトップ仮想マシンでは、Windows レジストリ エントリを追加する必要があります。

前提条件

  • セッション開始スクリプトを構成したパスには、SYSTEM アカウントとローカル管理者のみがアクセスできることを確認します。詳細については、セッション開始スクリプトにアクセス権を設定するを参照してください。
  • セッション開始スクリプトの実行が迅速に行われるようにします。Windows レジストリで WaitScriptsOnStartSession 値を設定した場合は、Horizon Agent が View 接続サーバから送信される StartSession メッセージに応答する前に、セッション開始スクリプトの実行が完了している必要があります。詳細については、開始セッションのタイムアウトの管理を参照してください。

手順

  1. View デスクトップ仮想マシンにログインします。
  2. コマンド プロンプトで regedit と入力し、Windows レジストリ エディタを起動します。
  3. レジストリで HKLM\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\ScriptEvents に移動します。
  4. セッション開始スクリプトへのパスをレジストリに追加します。
    1. ナビゲーション領域で ScriptEvents を右クリックし、[新規] > [キー] を選択して、StartSession という名前のキーを作成します。
    2. ナビゲーション領域で StartSession を右クリックし、[新規] > [文字列値] を選択して、実行するセッション開始スクリプトを識別する文字列値(SampleScript など)を作成します。
      複数のセッション開始スクリプトを実行するには、 StartSession キーの下でスクリプトごとに文字列値エントリを作成します。これらのスクリプトの実行順序は指定できません。特定の順序でスクリプトを実行する必要がある場合は、それらを単一の制御スクリプトから呼び出します。
    3. トピック領域で、新しい文字列値のエントリを右クリックして [変更] を選択します。
    4. [値のデータ] テキスト ボックスにセッション開始スクリプトを呼び出すコマンド ラインを入力し、[OK] をクリックします。
      セッション開始スクリプトのフル パスと、必要なファイルを入力します。
  5. レジストリにセッション開始値を追加して有効にします。
    1. HKLM\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\Agent\Configuration に移動します。
    2. (オプション) Configuration キーがない場合は、[Agent] を右クリックして [新規] > [キー] を選択し、キーを作成します。
    3. ナビゲーション領域で Configuration を右クリックし、[新規] > [DWORD (32 ビット) 値] を選択して RunScriptsOnStartSession と入力します。
    4. トピック領域で、新しい DWORD 値のエントリを右クリックして [変更] を選択します。
    5. [値のデータ] テキスト ボックスに 1 と入力してセッション開始スクリプトを有効にし、[OK] をクリックします。
      この機能を無効にするには、0 と入力します。デフォルト値は 0 です。
    6. (オプション) Horizon Agent による StartSession 応答を遅らせるには、WaitScriptsOnStartSession という 2 つ目の DWORD 値を Configuration キーに追加します。
      WaitScriptsOnStartSession データ値を 1 にすると、 Horizon Agent による StartSession 応答が遅れて送信され、スクリプトが完了しない場合は失敗します。値を 0 にすると、 Horizon Agent は、スクリプトの完了を待機しない、または StartSession 応答を送信する前にスクリプトの終了コードを確認します。デフォルト値は 0 です。
  6. スクリプトがタイムアウトになるのを避けるため、タイムアウト値を(分単位ではなく)秒単位で指定するためのレジストリ値を設定します。
    このタイムアウト値を秒単位で設定すると、VMware View スクリプト ホスト サービスのタイムアウト値を秒単位で構成できます。たとえば、VMware View スクリプト ホスト サービスのタイムアウト値を 30 秒に設定すると、View 接続サーバがタイムアウトになる前に、セッション開始スクリプトの実行を終了するか、タイムアウトにすることができます。
    1. HKLM\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\ScriptEvents に移動します。
    2. TimeoutsInMinutes という DWORD 値を追加します。
    3. データ値を 0 に設定します。
  7. (オプション) VMware View スクリプト ホスト サービスによるセッション開始スクリプトのタイムアウトを有効にするには、タイムアウト値を設定します。
    1. HKLM\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\ScriptEvents\StartSession に移動します。
    2. トピック領域で Default (@) キーを右クリックし、[変更] を選択します。
    3. [値のデータ] テキスト ボックスにタイムアウト値を入力し、[OK] をクリックします。
      値 0 は、タイムアウトを設定しないことを意味します。
  8. レジストリ エディタを終了し、システムを再起動します。