vRealize Automation で、View プラグイン ワークフロー用に作成されるサービスに対する資格をユーザーに付与するには、あらかじめそれらのユーザーを特定のビジネス グループに所属させる必要があります。

すでに vRealize Automation を使用している場合、これらのビジネス グループ、または同等のものをすでに作成していることがあります。

前提条件

  • Orchestrator サーバの管理者認証情報を把握していることを確認します。このアカウントは、vCenter Single Sign-On で認証するように構成された vRealize Orchestrator Admin グループのメンバーである必要があります。
  • vRealize Automation でグループを作成する手順について理解しておきます。vRealize Automation のドキュメントは、https://www.vmware.com/support/pubs/vcac-pubs.html で入手できます。

手順

  1. 管理者として vRealize Automation にログインします。
  2. [インフラストラクチャ] タブをクリックします。
  3. 管理者をメンバーとしてファブリック グループを作成します。
    vRealize Automation バージョン アクション
    6.2.4 [グループ] > [ファブリック グループ] の順に選択し、管理者をメンバーとしてファブリック グループを作成します。
    7.2 以降 [インフラストラクチャ] > [エンドポイント] > [ファブリック グループ] の順に選択し、管理者をメンバーとしてファブリック グループを作成します。
  4. 委任された管理者のビジネス グループを作成します。
    vRealize Automation バージョン アクション
    6.2.4 [ビジネス グループ] をクリックし、委任された管理者のビジネス グループを作成します。
    7.2 以降 [管理] > [ユーザーとグループ] > [ビジネス グループ] を選択して、委任された管理者のビジネス グループを作成します。
    オプション アクション
    グループ マネージャ ロール ファブリック グループに追加した管理者アカウントを使用します。
    ユーザー ロール 委任された管理者ユーザーを追加します。
  5. [OK] をクリックして新しいグループを追加します。
  6. [ビジネス グループ] をクリックし、エンド ユーザーのビジネス グループを作成します。
    オプション アクション
    グループ マネージャ ロール ファブリック グループに追加した管理者アカウントを使用します。
    ユーザー ロール エンド ユーザーを追加します。
  7. [OK] をクリックして新しいグループを追加します。

次のタスク

委任された管理者とエンド ユーザーに対応するサービスをそれぞれ作成します。