VMware Horizon vRealize Orchestrator プラグインは View 環境向けに、自動化、セルフサービス、および委任管理を提供します。エンド ユーザーはセルフサービス機能を実行でき、委任された管理者はエンド ユーザーに代わってプロビジョニング機能を実行できます。

表 1. Horizon vRealize Orchestrator 機能
カテゴリ 機能
セルフサービス 以下のセルフサービス機能はすべて、vRealize Automation を介して提供されます。
  • 既存の View デスクトップ プールにあるマシンの、自己プロビジョニングおよびプロビジョニング解除、あるいはリサイクル
  • アプリケーションおよびデスクトップのセルフサービス要求と資格付与
  • 更新、再起動、リサイクル、ログオフなどのアクションを含む、デスクトップのセルフサービス管理
  • 承認されたアプリケーション要求の承認と自動プロビジョニングのセルフサービス管理
  • リモート アプリケーションのセルフサービス要求
  • App Volumes アプリケーション スタックのセルフサービス要求
マシンのプロビジョニング
  • エンド ユーザーに代わってマシンのプロビジョニングを行い、既存のデスクトップ プールに含める
  • 複数のマシンを複数のユーザーにプロビジョニング
  • vRealize Automation からのプロビジョニングによる、Horizon または vRealize Automation マシンの作成
  • エンド ユーザーに代わってマシンのプロビジョニングを解除し、通常ディスクが存在する場合はそのディスクを保持する
  • マシン上でメンテナンス操作を実行する
プールのメンテナンス
  • 1 つ以上のプールに対して再編成の操作を実行する
  • マシンのプール レベルの機能および day-2 管理操作を、vRealize Automation を通し、割り当て管理、セッション管理、更新、再編成などのアクション ボタンを使用して実行する
  • 管理対象および管理対象外の仮想マシンを手動デスクトップ プールに追加する
  • vRealize Automation IAAS ブループリントでプロビジョニングしたマシンを手動プールに追加する
  • 物理マシンを手動の管理対象外のデスクトップ プールに追加
  • デスクトップ プール内のマシンの最小数、プール表示名、パワーオンされたマシンの数の変更を許可する
  • デスクトップ プールの複製を実行する
割り当てと資格
  • Cloud Pod アーキテクチャのグローバル資格にユーザーを追加/削除する