このワークフローでは、エンド ユーザーが自分で使用するアプリケーション スタックを要求できるようにします。

手順

  1. 管理者として vRealize Automation にログインします。
  2. [設計] タブをクリックします。
  3. [Xaas] > [XaaS ブループリント] を選択して、[新規 (+)] ボタンをクリックして、ワークフローのブループリントを追加します。
  4. [新規ブループリント] ペインの [ワークフロー] タブで、[Orchestrator] > [ライブラリ] > [Horizon] > [ワークフロー] > [vCAC] を展開します。
  5. [アプリケーション スタックをユーザーに割り当て] ワークフローを選択して、[次へ] をクリックします。
  6. [アプリケーション スタックをユーザーに割り当てる - ブループリントの編集] ペインで、[名前] テキスト ボックスのデフォルト値を削除して、Self Service to Request an App Stack と入力します。
  7. [カタログ要求情報ページを非表示にする] チェックボックスを選択して、[次へ] をクリックします。
  8. [ブループリント フォーム] タブで、[資格が付与されたユーザー] テキスト ボックスをクリックします。
  9. [制約] タブをクリックして、ユーザーに使用する制約値を指定します。
    1. [値] ドロップダウン リストを展開して、[フィールド] ラジオ ボタンを選択します。
    2. [フィールド値の定義] リンクをクリックして、[要求情報] > [要求者] を展開し、[プリンシパル ID] をドロップダウンリスト選択します。
    3. [適用] をクリックし、選択を保存します。
    4. [制約] タブに戻って[表示] ドロップダウンリストをクリックして、[定数] を選択して、[いいえ] を選択します。
    5. [適用] をクリックします。
  10. [ブループリント フォーム] タブで、[終了] をクリックします。
    [セルフ サービスでのアプリケーション スタックの要求] ブループリントが [XaaS ブループリント] ページのリストに新しく追加され、ドラフトのステータスが付けられます。
  11. 新しい [セルフ サービスでのアプリケーション スタックの要求] ブループリントの行を選択し、表の上にある [公開] ボタンを選択します。

結果

新しいセルフ サービスでのアプリケーション スタックの要求のサービス ブループリントが公開され、[Xaas] > [Xaas ブループリント] ページに表示されます。