マシン ブループリントを作成および構成すると、vCAC ブループリントを構成してマシンをプールにプロビジョニング ワークフロー、高度なデスクトップ割り当てワークフロー、セルフサービス 高度なデスクトップ割り当てワークフローでブループリントを選択できるようになります。

前提条件

  • vRealize Automation でマシンを作成するための前提条件」で説明されている Orchestrator ワークフローを実行します。
  • vRealize Automation にテナント管理者としてログインし、vRealize Orchestrator のエンドポイントが作成済みであること、その優先度が [1] であることを確認します。

    [インフラストラクチャ] タブで、[エンドポイント] > [エンドポイント] に移動し、vRealize Orchestrator がエンドポイントのリストに表示されていること、エンドポイントの [VMware.VCenterOrchestrator.Priority] プロパティが [1] であることを確認します。詳しい手順については、https://www.vmware.com/support/pubs/vcac-pubs.html から入手できる『vRealize Automation Machine Extensibility』の「vRealize Orchestrator エンドポイントの作成」トピックを参照してください。

  • vRealize Automation[項目] タブにアクション ボタンを用意して、委任された管理者がプール管理タスクを実行できるようにする場合は、「vRealize Automation におけるデスクトップおよびプール アクションの公開」で説明されているタスクを実行します。
  • 「Information as a Service (IaaS)」の概念、マシン ブループリントを作成する手順、そのサービスや資格を作成する手順を理解しておきます。https://www.vmware.com/support/pubs/vcac-pubs.html のドキュメント ページから入手できる vRealize Automation のドキュメントを参照してください。

手順

  1. vRealize Automation にテナント管理者としてログインし、ソース タイプが iaas-service であるマシン ブループリントをいくつか作成します。
    重要: : ブループリントのマシン名を指定する際には、 vRealize Automation で作成されたマシンであることが View 管理者に分かるような命名方式を使用します。 vRealize Automation で作成したマシンの削除は、必ず vRealize Automation 内から実行する必要があります。この命名方式によって、View 管理者は、マシンを View Administrator の UI から削除してはならないということを識別できます。View Administrator 内で削除すると、 vRealize Automation にはマシンのステータスが [欠落] と表示されます。
  2. 仮想マシン テンプレートを作成する場合は、最新バージョンの VMware Tools および View Agent を、ゲスト OS にインストールします。
    VMware Tools のインストール手順については、vSphere Client のヘルプを参照してください。View Agent のインストール手順は、 https://www.vmware.com/support/pubs/view_pubs.html のドキュメント ページから入手可能な、 Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ のドキュメントに記載されています。
  3. 仮想マシン テンプレートを作成する場合は、マシンをドメインに追加します。
  4. 管理対象外のマシンのブループリントを作成する場合、ブループリントに、仮想マシンのホスト名が一意になるように構成するカスタマイズ仕様が含まれていることを確認してください。
    ブループリント プロパティの [ビルド情報] タブに移動し、 [カスタマイズ仕様] テキスト ボックスに、使用するカスタマイズ仕様が指定されていることを確認します。

    このカスタマイズ仕様が適切にセットアップされていないと、失敗して終了することなく、1 時間以上マシンのステータスが Customizing のままとなる場合があります。

  5. マシン ブループリントを公開します。
  6. ブループリントに適用するサービスを作成します。[管理] > [カタログ管理] > [サービス] に移動し、ウィザードに従って進めてください。
    たとえば、マシン ブループリントに適用する特定のサービスを作成し、サービス ブループリント用に作成したサービスの代わりに使用することも可能です。

次のタスク

適切な資格を追加し、適切なワークフローを実行します。「デスクトップをプールに作成し追加するためのマシン ブループリントの使用および 高度なデスクトップ割り当てのためのマシン ブループリント サービスの構成」を参照してください。