vRealize Orchestrator および vRealize Automation には、Horizon vRealize Orchestrator プラグインの機能をサポートするアーキテクチャが備わっています。

vRealize Orchestrator プラグインにより、ワークフローが実行されるソフトウェア環境と、ワークフローがやりとりする製品の間のシームレスな自動化が可能になります。Horizon vRealize Orchestrator プラグインを使用すると、ワークフローを vSphere Web Client や vRealize Automation サービス カタログを介して委任管理者にネイティブに公開することができます。ワークフローの資格、スケジューリングおよび実行は vSphere Web Client および vRealize Automation を介して公開されますが、ワークフローのカスタマイズと構成は vRealize Orchestrator クライアントでのみ可能です。

次の図に、Horizon vRealize Orchestrator プラグイン アーキテクチャを示します。

図 1. Horizon vRealize Orchestrator プラグイン アーキテクチャ
プラグインは Orchestrator にインストールされますが、ワークフローは vSphere Web Client および vCloud Automation Center で使用されます。