管理者は委任された管理者の構成の追加ワークフローを実行して、委任された管理の範囲を設定します。たとえば、特定の委任された管理者は一部のプールでの操作の実行に制限され、異なる委任された管理者は異なるプールに制限されることがあります。

[委任された管理者の構成の追加] ワークフローの実行は、Horizon vRealize Orchestrator プラグインの構成に必要です。これは、少なくとも、主要管理者をプールに割り当てる必要があるためです。このワークフローを使用して、管理者は分散管理が可能なプールと、活用可能なワークフローを緊密に管理します。

前提条件

  • Orchestrator サーバの管理者認証情報を把握していることを確認します。このアカウントは、vCenter Single Sign-On で認証するように構成された vRealize Orchestrator Admin グループのメンバーである必要があります。
  • Horizon vRealize Orchestrator プラグインに対してワークフローの表示と実行を行うためのアクセス権限を委任された管理者グループに提供していることを確認します。Horizon vRealize Orchestrator プラグイン ワークフローへのアクセス権限の提供 を参照してください。
  • 構成での View ポッドの追加ワークフローを実行して、View ポッドに接続されていることを確認します。View ポッドへの接続の構成を参照してください。

手順

  1. 管理者として Orchestrator にログインします。
  2. Orchestrator で [ワークフロー] ビューをクリックします。
  3. ワークフロー階層リストで、[ライブラリ] > [Horizon] > [構成] > [委任された管理の構成] を選択し、[委任された管理者構成の追加] ワークフローに移動します。
  4. ワークフローを右クリックし、[ワークフロー開始] を選択します。
  5. 表示されるフォームに入力します。
    Horizon View ポッドの場合、次の情報に基づいてフォームに入力します。
    オプション アクション
    Horizon View ポッド ドロップダウン リストから項目を選択します。構成での View ポッドの追加ワークフローによって項目がこのリストに追加されます。
    デスクトップ プール ID を選択 [未設定] をクリックして、[新しい値] ドロップダウン リストから 1 つ以上のプールを追加します。
    アプリケーション プール ID を選択 [未設定] をクリックして、[新しい値] ドロップダウン リストから 1 つ以上のプールを追加します。
    委任された管理者のユーザーまたはグループを追加しますか? ドロップダウン リストから項目を選択します。ユーザーは、1 人ずつ追加しても、Active Directory からグループを追加しても構いません。
    注: : グループを追加するには、 vRealize Orchestrator 6.0.4 以降を使用する必要があります。
    委任された管理者のユーザー/グループ名 [未設定] をクリックして、[フィルタ] テキスト ボックスに委任された管理者グループに含めたユーザーまたはグループの名前を入力します。
    グローバル資格を選択 (グローバル資格が、Cloud Pod アーキテクチャの一部として、ポッド フェデレーション用に生成、付与された場合のみ表示)[未設定] をクリックして、[新しい値] ドロップダウン リストから項目を追加します。
  6. [送信] をクリックしてワークフローを実行します。

結果

これで、選択した委任管理者ユーザーまたはグループがフォームで指定したデスクトップおよびアプリケーション プールを管理することができるようになります。