このワークフローは、新しいユーザーが利用可能なパワーオン状態のプールのスペア マシンの数を変更します。

範囲 自動プールに対してのみ機能します。
入力/パラメータ ポッド、プール ID、利用可能なスペア マシンの数(整数)
結果 新しいユーザーに対して利用可能な状態で、パワーオンされているスペア仮想マシンの数を変更します。
注: : この数を増やす前に会社のハードウェア リソースが十分であるかどうかを考慮してください。