Horizon vRealize Orchestrator プラグインを使用して、物理マシンと非 vSphere 仮想マシンをデスクトップ プールに追加するプロセスを完了するために PowerShell プラグイン ワークフローをいくつか実行する必要があります。

注: : この手順で説明した PowerShell ワークフローとマシンをプールに登録するワークフローの代わりに、 Workflows/Example フォルダで利用できる物理マシンをプールに追加するワークフローを実行できます。

前提条件

  • この手順に必要なワークフローを含む Microsoft Windows PowerShell 用の vRealize Orchestrator プラグインがあることを確認します。
  • Orchestrator サーバの管理者認証情報を把握していることを確認します。このアカウントは、vCenter Single Sign-On で認証するように構成された vRealize Orchestrator Admin グループのメンバーである必要があります。
  • マシンをプールに登録する ワークフローを実行して、すべてのマシンの DNS 名を View の手動で管理対象外のデスクトップ プールに登録します。マシンをプールに登録するワークフローでトークン(登録されたDNS ごとに 1 つ)が返されます。このトークンは、この手順で説明した PowerShell コマンドを実行すると、マシンの Windows レジストリにプッシュされます。

手順

  1. 管理者として Orchestrator にログインします。
  2. Orchestrator で [ワークフロー] ビューをクリックします。
  3. ワークフロー階層リストで、[ライブラリ] > [PowerShell] > [構成] の順に選択し、[PowerShell ホストの追加] ワークフローに移動します。
  4. [PowerShell ホストの追加] ワークフローを右クリックし、[ワークフロー開始] を選択します。
  5. 物理マシンのホスト名と完全修飾ドメイン名を入力し、[次へ] をクリックします。
    マシンがドメインにない場合は、IP アドレスを使用できます。ポート番号を入力しない場合は、デフォルトのポートが使用されます。
  6. 表示されるフォームに入力してから、[次へ] をクリックします。
    オプション アクション
    PowerShell リモート ホスト タイプ ドロップダウン リストから [WinRM] を選択します。
    転送プロトコル ドロップダウン リストから [HTTP] を選択します。
    認証 マシンがドメインに含まれている場合、ドロップダウン リストから [Kerberos] を選択します。マシンがドメイン内にない場合は、[基本] を選択します。
  7. 表示されるフォームに入力します。
    オプション アクション
    セッション モード ドロップダウン リストから [共有セッション] を選択します。
    ユーザー名 マシンがドメインにある場合は、administrator@domain.com の形式を使用します。マシンがドメインにない場合は、ローカル管理者アカウントのユーザー名を使用します。
  8. [送信] をクリックしてワークフローを実行します。
  9. ワークフローが終了したら、PowerShell フォルダで [PowerShell スクリプトの呼び出し] ワークフローを右クリックし、[ワークフロー開始] を選択します。
  10. 追加したホストを選択し、[次へ] をクリックします。
  11. (オプション)Identity レジストリ キーを追加します。
    1. hklm:\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\Agent\Identity レジストリ キーが存在しているかどうかを確認します。
    2. レジストリ キーが存在しない場合、次のコマンドを実行します。
      New-Item -Path "hklm:\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\Agent" -Name Identity
  12. [スクリプト] テキスト エリアで、次のコマンドを入力します。
    New-ItemProperty -Path "hklm:\SOFTWARE\VMware, Inc.\VMware VDM\Agent\Identity" -Name Bootstrap -PropertyType String –Value “TokenReturnedByWorkflow” –Force

    TokenReturnedByWorkflow の場合、前に実行したマシンをプールに登録するワークフローで返されたトークンを使用して、マシンの DNS 名を登録します。

  13. [送信] をクリックしてワークフローを実行します。

結果

これで、View Agent トークンが、View 接続サーバ インスタンスとペアになりました。