VMware Cloud on AWSHorizon 7 をデプロイすると、柔軟性に優れたクラウド プラットフォームに Horizon 7 デスクトップとアプリケーションをスケーリングできます。

VMware Cloud on AWS を使用すると、Amazon Web Services で vSphere データセンターを作成できます。vSphere データセンターは、データセンターを管理する vCenter Server、ストレージ (vSAN)、ネットワーク (VMware NSX) から構成されます。オンプレミスのデータセンターをクラウド上の Software-Defined Data Center (SDDC) に接続し、1 つの vSphere Client インターフェイスからの両方のデータセンターを管理できます。接続された AWS アカウントを使用して、SDDC の仮想マシンから EC2 や S3 などの AWS サービスにアクセスできます。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-Cloud-on-AWS/index.html にある VMware Cloud on AWS のマニュアルを参照してください。

また、Horizon 7 のクラウド ポッド アーキテクチャ機能を使用して、オンプレミスのデータセンターのポッドを VMware Cloud on AWS のデータセンター内のポッドに接続することもできます。Horizon 7 をエンタープライズ向けのセキュアなプラットフォームとして使用し、オンプレミスでの仮想デスクトップ、公開デスクトップ、公開アプリケーションのデプロイと管理を行うことができます。クラウド ポッド アーキテクチャ機能を使用すると、複数のポッドとサイトでスケーリングし、オンプレミスとプライベート クラウドの両方のデータセンターを網羅する大規模な統合管理を行うことができます。

クラウド ポッド アーキテクチャをオンプレミスのデータセンターと VMware Cloud on AWS のインスタンスに拡張するときに、ハイブリッド クラウド環境に Horizon 7 をデプロイできます。これにより、Horizon 7 のユーザーは SDDC インフラストラクチャの管理を VMware Cloud プラットフォームに任せることができます。Horizon 7 アーキテクチャは、オンプレミスと VMware Cloud on AWS で変わらないため、オンプレミスでもプライベート クラウドでも同じ方法でデプロイや管理を行うことができます。新しいハードウェアを購入する必要はありません。VMware Cloud on AWS で 1 時間単位の従量課金オプションを使用できます。

VMware Cloud on AWSHorizon 7 環境では、次の Horizon 7 機能がサポートされます。

  • フル仮想マシンを格納する自動プール

  • 手動 RDS ホスト ファーム

  • Unified Access Gateway アプライアンス

VMware Cloud on AWSHorizon 7 環境では、次の機能は使用できません。

  • リンク クローン デスクトップ プール

  • インスタントクローン デスクトップ プール

  • 手動デスクトップ プール

  • リンク クローン RDS ホスト ファーム

  • インスタント クローン RDS ホスト ファーム

  • コンテンツ ベースの読み取りキャッシュ (CBRC)

  • セキュリティ サーバ

  • 管理対象外のデスクトップ

  • Horizon Persona Management

  • VMware ThinApp

  • 仮想化ベースのセキュリティ (VBS)

  • トラステッド プラットフォーム モジュール (vTPM) デバイス