Horizon 7VMware Cloud on AWS にデプロイすることも、ハイブリッド クラウド環境の構築に使用することもできます。ハイブリッド クラウド環境を構築するには、Horizon 7 をオンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方にデプロイします。

Horizon 7 コンポーネントのインストールの詳細については、『Horizon 7 のインストール』を参照してください。

VMware Cloud on AWSHorizon 7 環境

VMware Cloud on AWSHorizon 7環境を設定する場合、次のコンポーネントをインストールする必要があります。

  • Active Directory、DNS、DHCP、または KMS サーバ。

  • 必要に応じて、RDS ライセンス サーバをインストールします。

  • Horizon 接続サーバまたはレプリカ サーバ バージョン 7.5。

    • vCenter Server の認証情報に cloudadmin@vmc.local を使用します。

    • 単一ノード クラスタの場合は、vSAN 仮想マシン ストレージ ポリシーを「No data redundancy」に変更します。

    • View Storage Accelerator は有効にしないでください。

  • Horizon Agent

  • 環境でリモート ユーザーをサポートする場合にのみ、Unified Access Gateway アプライアンスを接続サーバに接続する必要があります。

    • Unified Access Gateway バージョン 3.3 を使用します。

    • OVF (Open Virtualization Format) デプロイ ウィザードを使用して、1 つの NIC のみをデプロイします。複数の NIC を使用する場合は、PowerShell スクリプトを使用して、.INI 構成ファイルにパスワードを追加して、特殊文字をエンコードします。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/Unified-Access-Gateway/index.html にある Unified Access Gateway のマニュアルを参照してください。

    • Compute-ResourcePool、WorkloadDatastore、Workloads フォルダに NIC をデプロイします。

    • NIC に netmask0-2 を指定します。

  • ロード バランサ(2 台以上の接続サーバを使用する場合)。

  • Microsoft SQL Server 2016 のイベント データベース(オプション)

オンプレミスの Horizon 7 環境

ハイブリッド クラウド環境を構築する場合は、オンプレミスの Horizon 7 環境を展開することもできます。Horizon 7 環境の設定手順については、『Horizon 7 のインストール』を参照してください。