接続デバイス数によるライセンス モードが設定されている場合、クライアント デバイスは、RDS ホスト上の公開デスクトップまたはアプリケーションに接続したときに RDS CAL(接続デバイス数によるクライアント アクセス ライセンス)を受け取ります。Horizon Administrator でグローバル設定を使用して、CAL をクライアント デバイスと接続サーバ ホストに保存するか、接続サーバ ホストにのみ保存します。

このタスクについて

CAL を保存すると、RDS 環境で CAL を効率的に使用し、次の問題を回避できます。

  • 複数のライセンス サーバがデプロイされている環境で、ユーザーがクライアント デバイスから異なるライセンス サーバを使用する RDS ホストに接続した場合、それぞれのライセンス サーバが同じクライアント デバイスに対して別々の RDS CAL(接続デバイス数)を発行する可能性があります。ライセンス サーバが Windows Server 2008 R2 RDS ホストと Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 RDS ホストの両方にサービスを提供している場合(Windows Server 2008 R2 CAL と Windows Server 2012 または 2012 R2 CAL の両方を発行した場合)、1 台のクライアント デバイスが環境内のライセンス サーバごとに異なる CAL(最大 2 つ)を使用する可能性があります。

  • Windows 2012 または 2012 R2 の CAL が Windows Server 2012 のライセンス サーバにインストールされている場合、複数の接続が確立されても、Windows Server 2008 R2 RDS ホストと PCoIP または VMware Blast で接続しているクライアント デバイスに対して常に一時的なライセンスが発行されます。クライアントに正規ライセンスが発行されることはありません。

CAL(接続デバイス数)の保存は、Windows クライアントでのみサポートされます。Windows ゼロ クライアントと Windows 以外のクライアントでは、この機能を使用できません。この機能をサポートしていないクライアントの場合には、接続サーバ ホストにのみ CAL を保存できます。

前提条件

接続デバイス数によるライセンス モードが RDS ホストに設定されていることを確認します。ライセンス モードを設定するには、リモート デスクトップ ライセンス モードを設定 グループ ポリシー設定を使用します。詳細については、『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』ドキュメントの「RDS ライセンス設定」を参照してください。

手順

  1. Horizon Administrator で、View 構成 > グローバル設定 の順に選択します。
  2. [全般] ペインで、編集 をクリックします。
  3. RDS CAL(接続デバイス数)ストレージ オプション ドロップ ダウン メニューから CAL の保存オプションを選択します。

    オプション

    説明

    ブローカーのみに保存

    接続サーバ ホストにのみ CAL を保存します。

    このオプションは、View LDAP エントリ cs-enablerdslicensing=truesendRdsLicense=false を設定します。

    クライアントとブローカーの両方に保存

    CAL をクライアント デバイスと接続サーバ ホストに保存します。

    このオプションは、View LDAP エントリ cs-enablerdslicensing=truesendRdsLicense=true を設定します。

    CAL(接続デバイス数)を保存しない

    CAL を保存しません。

    このオプションは、View LDAP エントリ cs-enablerdslicensing=falsesendRdsLicense=false を設定します。

  4. OK をクリックして変更を保存します。