サブスクリプション ライセンスを購入すると、ライセンスのサブスクリプション メールが届きます。このメールに、Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスのダウンロード リンクが含まれています。Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスをインストールして、ポッド内の接続サーバとペアリングできます。

前提条件

  • Horizon 7 バージョン 7.6 以降。

  • Horizon 7 サブスクリプション ライセンスを購入するは、https://my.vmware.com の My VMware アカウントが必要です。

  • my.vmware.com から受信したサブスクリプション ライセンス メールを使用して、Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスをダウンロードします。

  • Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスをペアリングする接続サーバを確認します。Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスをペアリングできるのは、オンプレミスのポッドにインストールされている接続サーバだけです。同時に複数のサーバにはペアリングできません。

  • Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスが接続サーバの Active Directory ドメインに参加していない場合、Horizon 7 Cloud Connector とペアリングする接続サーバの FQDN を Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスの /etc/hosts ファイルに追加します。

  • Microsoft Internet Explorer Web ブラウザを使用している場合は、互換表示設定をオフにして Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスのユーザー インターフェイスを表示してください。

  • Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスを静的 IP アドレスでデプロイして、Active Directory に参加します。デプロイを開始する前に、Active Directory の DNS に Horizon 7 Cloud Connector 仮想アプライアンスの正引きエントリと逆引きエントリを追加します。

手順

  1. アカウントのサブスクリプション メールに記載されたリンクから Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスをダウンロードします。Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスは、OVA ファイルとしてダウンロードできます。
  2. vSphere Web Client を使用して、OVF テンプレートとして Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスをデプロイします。OVF テンプレートのダウンロード方法については、『vSphere 仮想マシン管理』を参照してください。
    注:

    OVF テンプレートの root パスワードを入力するときに、大文字、数字、特殊文字をそれぞれ 1 個以上含む 8 文字以上のパスワードを使用する必要があります。

  3. vSphere Web Client で、Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスをパワーオンします。

    Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスのユーザー インターフェイスの IP アドレスが表示されます。

  4. Web ブラウザで Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスの IP アドレスを入力して、Horizon 7 Cloud Connector ユーザー インターフェイスにログインします。

    My VMware アカウントの認証情報を使用してログインします。

  5. Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスをオンプレミスの接続サーバ インスタンスとペアリングします。[Horizon 7 接続サーバに接続] ボックスで、オンプレミスにホストされている接続サーバの FQDN を入力して、[接続] をクリックします。
  6. 接続サーバのサムプリント証明書を検証するチェック ボックスをクリックします。
    注:

    接続サーバに有効なルート CA 証明書がある場合、この検証はスキップされます。

  7. 接続サーバのドメイン名、ユーザー名、パスワードを入力して、[接続] をクリックします。
  8. 接続サーバがすでに別の Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスとペアリングされている場合は、[承諾] をクリックして既存のペアリングを削除し、ダウンロードした Horizon 7 Cloud Connector アプライアンスとペアリングすることもできます。
  9. Horizon Cloud Service で Horizon 7 ポッドを設定するには、ノード名を入力して、データセンターの場所を選択します。必要であれば、説明を入力することもできます。

    Horizon 7 ポッドが Horizon Cloud Service と正常にペアリングされます。

  10. 同じポッドに接続サーバの詳細を再設定する場合は、[再構成] をクリックしてウィザードを完了します。
  11. オンプレミスの接続サーバと Horizon Cloud Service との接続を削除するには、[取り外し] をクリックします。

次のタスク

Horizon Administrator で、サブスクリプション ライセンスの詳細を確認します。詳細については、『Horizon 7 の管理』を参照してください。