Horizon Agent は、負荷分散スクリプトが返した負荷値を負荷設定にマップします。View 接続サーバは、レポートされた負荷設定を使用して、新しいアプリケーション セッションの配置場所を決定します。

以下の表は、負荷分散スクリプトが返すことのできる有効な負荷値とそれに関連付けられた負荷設定を示しています。

表 1. 有効な負荷値およびマップされた負荷設定

有効な負荷値

Horizon Agent によりレポートされる負荷設定

説明

0

ブロック

この RDS ホストは選択しないでください。

1

低の設定/高い負荷。

2

中の設定/通常の負荷。

3

高の設定/軽い負荷。