install_viewagent.sh スクリプトは、Horizon Agent を Linux ゲスト OS にインストールします。

gnome デスクトップ環境のコマンド ウィンドウで、次の形式の install_viewagent.sh スクリプトを使用します。

install_viewagent.sh command_option argument [command_option argument] . . .

install_viewagent.sh スクリプトには、必須およびオプションのパラメータが含まれます。

表 1. install_viewagent.sh 必須のオプション パラメータ

オプション パラメータ (必須情報)

説明

-A yes |no

エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) と FIPS (Federal Information Processing Standards) の記載内容に同意するか、拒否します。インストールを続行するには、yes を指定する必要があります。

表 2. install_viewagent.sh のオプション パラメータ

オプション パラメータ

説明

-a yes|no

オーディオ入力リダイレクト サポートをインストールするかバイパスします。デフォルトは、yes です。

-f yes|no

FIPS (Federal Information Processing Standards) 140-2 準拠の暗号モジュールのサポートをインストールまたはバイパスします。デフォルトは、いいえです。詳細については、Horizon Linux デスクトップの機能で FIPS 140-2 モードの説明を参照してください。

-j

JMS SSL キーストア パスワード。デフォルトでは、インストーラは任意の文列を生成します。

-m yes|no

スマート カード リダイレクト サポートをインストールまたはバイパスします。デフォルトは、いいえです。

-r yes|no

インストール後にシステムを自動的に再起動します。デフォルトは、いいえです。

-s

自己署名証明書 subject DN。デフォルトでは、インストーラは、Blast を使用します。

-C yes|no

クリップボード リダイレクト サポートをインストールまたはバイパスします。デフォルトは、yesです。

-F yes|no

CDR サポートをインストールまたはバイパスします。デフォルトは、yesです。

-M yes|no

Linux Agent を管理対象または管理対象外のエージェントにアップグレードします。デフォルトは、yesです。

-S yes|no

シングル サインオン (SSO) サポートをインストールまたはバイパスします。デフォルトは、yesです。

-U yes|no

USB サポートをインストールまたはバイパスします。デフォルトは、いいえです。

表 3. install_viewagent.sh パラメータの例

状況

新規インストール

sudo ./install_viewagent.sh -A yes

新規インストールでは、常に新しいデスクトップ プールの作成が必要です。

管理対象外の仮想マシンからアップグレードし、管理対象仮想マシンのスタイルを保持します。

sudo ./install_viewagent.sh -A yes -M no

このタイプのアップグレードには、新しいデスクトップ プールの作成は必要ありません。既存のデスクトップ プールを再使用できます。

注:

パフォーマンスを維持するため、管理対象外の仮想マシンは使用しないでください。

管理対象外の仮想マシン展開からアップグレードし、管理対象仮想マシンのスタイルへ変換します。アップグレードには、ブローカに新しいデスクトップ プールの作成が必須です。

 sudo ./install_viewagent.sh -A yes

このタイプのアップグレードには、新しいデスクトップ プールの作成が必要です。既存のデスクトップ プールを削除する必要があります。