Horizon Console が接続している Horizon 7 接続サーバの検証を JMP Server で実行するには、Horizon 7 接続サーバ証明書を使用するように JMP Server を構成する必要があります。

horizon.cert.pem ファイルという証明書ファイルに Horizon 7 接続サーバ証明書をエクスポートし、このファイルを JMP Serverホーム フォルダに配置します。
重要: : エクスポートされた CA 署名付き証明書のコンテンツを 同じ horizon.cert.pem ファイルに追加します。

CA 署名付き証明書または自己署名付きの Horizon 7 接続サーバ証明書を追加するときにも、同じ手順を行います。

前提条件

  • JMP Server をインストールする必要があります。
  • Horizon 7 接続サーバに対する管理アクセスが権限が必要です。

手順

  1. インストールした Horizon ConsoleJMP ServerHorizon 7 接続サーバが接続できるように、Windows Server ホストにログインします。
  2. Windows の [スタート] アイコンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] を選択して mmc.exe を入力します。
    MMC ユーティリティのウィンドウが表示されます。
  3. 証明書スナップインを追加します。
    1. [コンソール ルート] ウィンドウで、[ファイル] > [スナップインの追加/削除] の順に選択します。
    2. [スナップインの追加または削除] ウィンドウで、[使用可能なスナップイン] ペインから [証明書] を選択して、[追加] をクリックします。
    3. 証明書を追加したら、[OK] をクリックします。
    4. 証明書スナップイン ウィンドウで、[コンピュータ アカウント] を選択し、[次へ] をクリックします。
    5. コンピュータの選択ウィンドウで、[ローカル コンピュータ] を選択し、[完了] をクリックします。
      証明書(ローカル コンピュータ)スナップインが、[選択されたスナップイン] ペインに追加されます。
    6. [スナップインの追加または削除] ダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] をクリックします。
  4. コンソール ルート ウィンドウに戻り、[コンソール ルート] > [証明書(ローカル コンピュータ)] の順に選択し、[個人用] > [証明書] の順に選択します。左側のペインの [] フォルダにコンテンツが表示されます。
  5. Horizon 接続サーバ証明書をエクスポートします。
    1. 証明書コンテンツのペインで、フレンドリ名が vdm の証明書を見つけます。
      この証明書は、 Horizon 接続サーバに属しています。
    2. 証明書を右クリックし、[すべてのタスク] > [エクスポート] の順に選択します。
    3. [証明書のエクスポート ウィザード] ダイアログ ボックスで、[次へ] をクリックします。
    4. [いいえ、プライベート キーをエクスポートしません] を選択して、[次へ] をクリックします。
    5. [Base-64 エンコード X.509 (.CER)] を選択して、[次へ] をクリックします。
    6. ファイル名として horizon.cert.pem を入力し、[参照] をクリックして、エクスポートする証明書の保存先フォルダに移動します。
      重要: : エクスポートした証明書ファイルは、 .pem 拡張子を付けて保存する必要があります。拡張子に .cer または .crt は使用 [できません]。必要に応じて、エクスポートした証明書ファイルをテキスト エディタで開き、 horizon.cert.pem という名前で保存します。
    7. [次へ] をクリックして [完了] をクリックし、[証明書のエクスポート ウィザード] ウィンドウを閉じます。
    証明書が正常にエクスポートされます。
  6. エクスポートした horizon.cert.pem 証明書を保存した場所に移動し、JMP Server ホーム フォルダにコピーします。
    例: C:\Program Files (x86)\VMware\JMP\com\horizon.cert.pem

結果

JMP Server インスタンスに構成された接続サーバの証明書により、接続サーバが信頼できるサーバとして認識され、Horizon Console ユーザーが JMP Integrated Workflow 機能を正常に使用できるようになります。

次のタスク

表示されるオプションのタスクを確認してJMP Server に TLS 証明書を設定するタスクの概要 に表示されたオプションのタスクを確認し、タスクの完了が必要かどうかを確認します。必要な構成タスクがすべて完了したら、JMP Server サービスを再起動し、JMP 設定を構成します。詳細については、『VMware Horizon Console の管理』で「JMP 設定の初期構成」を参照してください。