JMP Server をインストールするときに使用した SQL Server データベースのパスワードを変更する場合は、SQL Server データベースに接続している VMware JMP ファイル共有サービスのデータベース パスワードも更新する必要があります。

前提条件

JMP Server ホストのデータベース情報を変更する場合は、適切な管理者権限があることを確認します。

手順

  1. JMP Server ホストで、Windows サービス マネージャ ツールを使用して VMware JMP File Share Service プロセスを停止します。
    1. Windows の [スタート] アイコンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] を選択します。
    2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] テキスト ボックスに services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
    3. [サービス] ウィンドウの [サービス(ローカル)] ペインで、VMware JMP File Share Service を探し、[停止] をクリックします。
  2. VMware JMP ファイル共有サービスが使用するパスワードを更新します。次の情報を使用して JMP Server のインストール中に使用した SQL Server 接続タイプに応じて実行する手順を確認します。
    • SQL 認証接続モードの場合:
      1. C:/Program Files (x86)/VMware/JMP/com/uem フォルダに移動し、テキスト エディタで db.json ファイルを開きます。
      2. 新しい password パラメータを追加し、JMP Server のインストール後に作成した SQL Server データベースの新しいパスワードを設定します。次に例を示します。
        "jmp.production": {
            "server": "MyOrg-DB_server\\SQL2014",
            "database": "MyOrg-database",
            "userName": "sa",
            "password": "new_SQL_password",
            "stamp": "nnXXpIIGeImfPJWbuOYAQA==.EDlk3lCqSubg6Y2uIwSSgw=="
          }
      3. ファイルを保存し、テキスト エディタを終了します。
    • Windows 認証接続モード:
      1. C:/Program Files (x86)/VMware/JMP/com/uem フォルダに移動し、テキスト エディタで db.json ファイルを開きます。
      2. 既存のファイルの内容を次の内容で置き換ええます。ここで、<IP address> は SQL サーバ ホストの IP アドレス、<Database name> は有効なデータベース名です。
        {
          "jmp.production": {
            "connectionString": "Server=<IP address>;Database=<Database name>;Trusted_Connection=Yes;"
          }
        }
        
      3. ファイルを保存し、テキスト エディタを終了します。
  3. VMware JMP File Share Service を再起動します。
    1. Windows の [スタート] アイコンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] を選択します。
    2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] テキスト ボックスに services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
    3. [サービス] ウィンドウの [サービス(ローカル)] ペインで、VMware JMP File Share Service を探し、[開始] をクリックします。

次のタスク

この操作をまだ行っていない場合は、VMware JMP プラットフォーム サービスで使用されるデータベース ログイン アカウント情報も更新する必要があります。VMware JMP プラットフォーム サービスのデータベース パスワードの更新を参照してください。