Horizon Administrator では Horizon 7 の Web ベースの管理インターフェイスが提供されます。

Horizon 接続サーバは、レプリカ サーバまたはセキュリティ サーバとして機能する複数のインスタンスを持つことができます。Horizon 7 の展開環境によっては、接続サーバの各インスタンスで Horizon Administrator インターフェイスを使用できます。

接続サーバで Horizon Administrator を使用する場合、次のベスト プラクティスを使用します。
  • 接続サーバのホスト名と IP アドレスを使用して、Horizon Administrator にログインします。Horizon Administrator インターフェイスを使用して、接続サーバおよび関連するセキュリティ サーバやレプリカ サーバを管理します。
  • ポッド環境では、すべての管理者が同じ接続サーバのホスト名と IP アドレスを使用して Horizon Administrator にログインしていることを確認します。ロード バランサのホスト名と IP アドレスを使用して、Horizon Administrator の Web ページにアクセスしないでください。
  • 作業中の接続サーバ ポッドを確認できるように、[Horizon Administrator] ヘッダーと Web ブラウザのタブにポッド名を表示できます。
注: : セキュリティ サーバではなく、 Unified Access Gateway アプライアンスを使用する場合は、 Unified Access Gateway REST API を使用して Unified Access Gateway アプライアンスを管理する必要があります。 Unified Access Gateway の以前のバージョンには、Access Point という名前が付けられます。詳細については、『 Unified Access Gateway の導入および設定』を参照してください。