vSphere 5.1 以降では、仮想マシンのディスク データをキャッシュするよう ESXi ホストを構成できます。この View Storage Accelerator と呼ばれている機能は、ESXi ホストで Content Based Read Cache(CBRC)機能を使用します。多くの仮想マシンが起動しているかウイルス対策スキャンが一度に実行される場合に I/O ストームが発生することがありますが、View Storage Accelerator により、I/O ストーム時の Horizon 7 のパフォーマンスが向上します。この機能は、管理者またはユーザーがアプリケーションまたはデータを頻繁にロードする場合にも役立ちます。ホストは、OS 全体またはアプリケーションをストレージ システムから何度も読み取るのではなく、共通のデータ ブロックをキャッシュから読み取ることができます。

ブート ストーム中の IOPS 数を減らすことにより、View Storage Accelerator によるストレージ アレイの要求が抑えられ、これにより Horizon 7 展開をサポートするためのストレージ I/O バンド幅が小さくなります。

この手順で説明しているように、Horizon Administrator の vCenter Server ウィザードで View Storage Accelerator 設定を選択することで、ESXi ホストでのキャッシュ機能を有効にします。

View Storage Accelerator がそれぞれのデスクトップ プール用にも構成されていることを確認します。デスクトップ プールで操作するには、View Storage Accelerator を vCenter Server とそれぞれのデスクトップ プールで有効にする必要があります。

View Storage Accelerator は、デフォルトでデスクトップ プール用に有効になっています。この機能は、プールを作成または編集するときに無効または有効に設定できます。デスクトップ プールを初めて作成するときにこの機能を有効にすることをお勧めします。既存のプールを編集してこの機能を有効にする場合は、リンク クローンをプロビジョニングする前に、新しいレプリカとそのダイジェスト ディスクが作成されていることを確認する必要があります。新しいレプリカは、プールを新しいスナップショットに再構成するか、プールを新しいデータストアに再分散することによって作成できます。ダイジェスト ファイルは、デスクトップ プール内の仮想マシンがパワーオフされているときにのみ構成できます。

リンク クローンを含むデスクトップ プールと、フル仮想マシンを含むプールで View Storage Accelerator を有効にすることができます。

ネイティブ NFS スナップショット テクノロジー (VAAI) は、View Storage Accelerator 用に有効にされているプールでサポートされていません。

View Storage Accelerator は、Horizon 7 レプリカ階層を使用する構成で機能するようになり、レプリカはリンク クローンでなく別のデータストアに保存されます。Horizon 7 レプリカ階層で View Storage Accelerator を使用するパフォーマンスの利点は実質的には大きくありませんが、特定の容量に関わる利点は別のデータストアにレプリカを保存することによって実現できる場合があります。したがって、この組み合わせがテストおよびサポートされます。

重要: : この機能を使用する計画であり、いくつかの ESXi ホストを共有する複数の Horizon 7 ポッドを使用している場合は、共有 ESXi ホストのすべてのプールについて Horizon Storage Accelerator 機能を有効にする必要があります。複数ポッドの設定に一貫性がない場合は、共有 ESXi ホストの仮想マシンが不安定になることがあります。

前提条件

  • vCenter Server ホストおよび ESXi ホストのバージョンが 5.1 以降であることを確認します。

    ESXi クラスタで、すべてのホストのバージョンが 5.1 以降であることを確認します。

  • vCenter Server の [ホスト] > [構成] > [詳細] 設定の権限が vCenter Server ユーザに割り当てられていることを確認します。

    Horizon 7 のインストール』ドキュメントで、vCenter Server ユーザーに必要な Horizon 7 および View Composer の権限について説明しているトピックを参照してください。

手順

  1. Horizon Administrator で、[ストレージ設定] ページの前に表示される [vCenter Server を追加] ウィザード ページを完了します。
    1. [View 構成] > [サーバ] の順に選択します。
    2. [vCenter Servers] タブで、[追加] をクリックします。
    3. [vCenter Server の情報] ページ、[View Composer 設定] ページ、[View Composer ドメイン] ページを完了します。
  2. [ストレージ設定] ページで、[View Storage Accelerator を有効にする] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
    デフォルトでは、このチェック ボックスはオンになっています。
  3. デフォルトのホスト キャッシュ サイズを指定します。
    デフォルトのキャッシュ サイズは、この vCenter Server インスタンスで管理されるすべての ESXi ホストに適用されます。

    デフォルト値は 1,024 MB です。キャッシュ サイズは、100 MB ~ 2,048 MB の範囲でなければなりません。

  4. 個別の ESXi ホスト向けに別のキャッシュ サイズを指定するには、ESXi ホストを選択して、[キャッシュ サイズの編集] をクリックします。
    1. [ホスト キャッシュ] ダイアログ ボックスで、[デフォルトのホスト キャッシュ サイズを上書き] のチェックボックスをオンにします。
    2. [ホスト キャッシュ サイズ] の値を 100 MB ~ 2,048 MB の範囲で入力し、[OK] をクリックします。
  5. [ストレージ設定] ページで、[次へ] をクリックします。
  6. [終了] をクリックして、vCenter Server、View Composer、ストレージ設定を Horizon 7 に追加します。

次のタスク

クライアント セッションおよび接続用の設定を構成します。クライアント セッションの構成を参照してください。

Horizon 7 で View Storage Accelerator 設定を完了するには、デスクトップ プール用に View Storage Accelerator を構成します。『Horizon 7 での仮想デスクトップのセットアップ』ドキュメントの「デスクトップ プール用に View Storage Accelerator を構成する」を参照してください。