Horizon Messaging コンポーネントは、Horizon Connection Server コンポーネント間、および Horizon Agent と接続サーバとの間のメッセージング ルーターとして機能します。

このコンポーネントは、Horizon 7 でのメッセージングに使用される Java Message Service(JMS)API をサポートしています。

コンポーネント間のメッセージの検証では、DSA キーが使用されます。キー サイズは、デフォルトでは 512 ビットです。ただし、FIPS モードではキー サイズは 2048 ビットです。

注: : メッセージ セキュリティ モードが、 [拡張済み] に設定されている場合、SSL/TLS はメッセージごとの暗号化に使用するよりも JMS 接続の安全を確保することに使用されます。拡張メッセージ セキュリティ モードでは、検証は 1 つのメッセージ タイプについてのみ適用されます。拡張メッセージ モードでは、キー サイズを 2048 ビットに増やすことをお勧めします。拡張メッセージ セキュリティ モードを使用していない場合は、デフォルトを 512 ビットから変更しないことをお勧めします。これは、キー サイズを増やすことでパフォーマンスとスケーラビリティが影響を受けるためです。

すべてのキーを 1024 ビットにする場合は、最初の接続サーバ インスタンスをインストールした直後、追加のサーバやデスクトップを作成する前に、RSA キー サイズを変更する必要があります。詳細については、VMware ナレッジベース(KB)の記事 1024431 を参照してください。