View Secure Gateway Server は、クライアント システムとセキュリティ サーバ、Unified Access Gateway アプライアンスまたは接続サーバ インスタンスとの安全な HTTPS 接続を実現するサーバ側コンポーネントです。

接続サーバのトンネル接続を構成すると、RDP、USB、およびマルチメディア リダイレクト (MMR) トラフィックが View Secure Gateway コンポーネントを介してトンネリングされます。直接クライアント接続を構成すると、それらのプロトコルはクライアントからリモート デスクトップに直接接続され、View Secure Gateway Server コンポーネントを介してトンネリングされません。

注: : PCoIP または Blast Extreme 表示プロトコルを使用するクライアントは USB リダイレクトおよびマルチメディア リダイレクト (MMR) のアクセラレーションのためにトンネル接続を使用できますが、他のすべてのデータについては、PCoIP では PCoIP Secure Gateway が、Blast Extreme では Blast Secure Gateway が、セキュリティ サーバまたは Unified Access Gateway アプライアンス上で使用されます。

View Secure Gateway Server は、クライアントから接続サーバへの、ユーザー認証、デスクトップ選択、およびアプリケーション選択などのトラフィックを含むその他の Web トラフィックの転送も管理します。また、View Secure Gateway Server は Horizon Administrator クライアントの Web トラフィックを管理サーバ コンポーネントに渡します。