エンド ユーザーにどの表示プロトコルと機能を使用できるようにするかを計画する場合、以下の情報を使用して、どのエージェント(リモート デスクトップおよびアプリケーション) OS がこの機能をサポートするかを判別します。

サポートされるゲスト OS のタイプとエディションは、Windows バージョンによって異なります。サポート対象の Windows 10 オペレーティング システムの最新情報については、VMware のナレッジベースの記事 KBhttp://kb.vmware.com/kb/2149393を参照してください。Windows 10 以外の Windows オペレーティング システムの場合には、VMware のナレッジベース (KB) の記事、http://kb.vmware.com/kb/2150295を参照してください。

Horizon Agent がインストールされている Windows オペレーティング システムでサポートされる特定の Remote Experience 機能の一覧については、VMware のナレッジベースの記事http://kb.vmware.com/kb/2150305を参照してください。

注: : それぞれのクライアント デバイスのタイプでどの機能がサポートされているかについては、 Horizon Clientのドキュメント( https://docs.vmware.com/jp/VMware-Horizon-Client/index.html)を参照してください。

また、VMware のパートナー数社が、Horizon 7のデプロイ用のシンおよびゼロ クライアント デバイスを提供しています。各シンまたはゼロ クライアント デバイスで使用可能な機能は、ベンダーおよびモデルと、企業が採用する構成によって決定されます。シンおよびゼロ クライアント デバイスのベンダーおよびモデルの詳細については、VMware Web サイトから入手可能な『VMware 互換性ガイド』(英語版)を参照してください。