一般的な Horizon 7 アーキテクチャ設計では、ポッド戦略を使用します。ポッド定義は、ハードウェア構成、使用されている Horizon 7 および vSphere ソフトウェアのバージョン、その他の環境固有の設計要因によって異なることがあります。

本ドキュメントの例は、企業環境および特殊な要件に適合できる標準的でスケーラブルな設計を説明しています。この章では、Horizon 7 ソリューションの展開に含まれる要素を IT アーキテクトや計画担当者が実務的に理解できるように、メモリ、CPU、ストレージ容量、ネットワーク コンポーネント、およびハードウェアの要件について詳しく説明します。

重要: : この章では、次の内容については説明しません。
ホスト型アプリケーションのアーキテクチャ設計 Horizon 7 ポッドは、各ファームに RDS ホストが含まれている Microsoft RDS ホストのファームをサポートします。詳細については、「Horizon 7 での公開されたデスクトップとアプリケーションのセットアップ」を参照してください。RDS ホストの仮想マシンを使用する場合は、RDS ホスト仮想マシンの構成も参照してください。
Horizon 7 Agent Direct Connect プラグインのアーキテクチャ設計 このプラグインをリモート仮想マシン デスクトップで実行すると、クライアントは仮想マシンに直接接続できます。PCoIP、HTML Access、RDP、USB リダイレクト、セッション管理などのリモート デスクトップ機能はすべて、ユーザーが View 接続サーバを介して接続したかのように、同じように動作します。詳細については、『Horizon 7 Agent Direct-Connection プラグイン管理』を参照してください。