Client ユーザーには Active Directory のアカウントが必要です。

Horizon Client ユーザー アカウント

リモート デスクトップおよびアプリケーションへのアクセス権があるユーザーについて、Active Directory でユーザー アカウントを構成します。RDP プロトコルを使用する計画がある場合、ユーザー アカウントはリモート デスクトップ ユーザー グループのメンバーにする必要があります。

通常、エンド ユーザーは Horizon 管理者にしないでください。Horizon 管理者がユーザーの使用環境を確認する必要がある場合は、別のテスト アカウントを作成して資格を与えます。デスクトップでは、Horizon のエンド ユーザーを管理者などの特権グループのメンバーにしないでください。エンド ユーザーが、ロック ダウンされた構成ファイルおよび Windows のレジストリを変更できるようになってしまいます。

インストール中に作成されるシステム アカウント

Horizon Client アプリケーションでは、どの種類のクライアントにもサービス ユーザー アカウントは作成されません。Horizon Client for Windows で作成されるサービスでは、ログオン ID が Local System になります。

Mac クライアントでは、最初の起動時に、ユーザーが Local Admin アクセス権を付与して、USB および仮想印刷 (ThinPrint) サービスを起動する必要があります。これらのサービスを初めて起動した後で、標準ユーザーにこれらのサービスの実行アクセス権が与えられます。同じように、Linux クライアントでは、インストール中に [インストール後にサービスを登録して起動する] チェック ボックスをオンにすると、vmware-usbarbitrator デーモンと vmware-view-used デーモンが自動的に起動します。これらのプロセスはルートとして動作します。

Windows デスクトップでは、View Agent または Horizon Agent でサービス ユーザー アカウントは作成されません。Linux デスクトップでは、システム アカウント vmwblast が作成されます。Linux デスクトップの場合、StandaloneAgent デーモンはルート権限で動作し、VmwareBlastServer デーモンは vmwblast 権限で動作します。