グローバル デスクトップ資格を変更するには、--updateGlobalEntitlement オプションを指定して lmvutil コマンドを実行します。グローバル アプリケーション資格を変更するには、--updateGlobalApplicationEntitlement オプションを指定して lmvutil コマンドを実行します。

構文

lmvutil --updateGlobalEntitlement --entitlementName name [--description text] 
[--disabled] [--enabled] [--fromHome] [--disableFromHome] [--multipleSessionAutoClean] 
[--disableMultipleSessionAutoClean] [--multipleSessionsPerUser] 
[--disableMultipleSessionsPerUser] [--requireHomeSite] [--disableRequireHomeSite] 
[--defaultProtocol value] [--scope scope] [--htmlAccess] [--disableHtmlAccess] 
[--tags tags] [--notags] [--categoryFolder foldername] [--disableCategoryFolder]
[--clientRestrictions] [--disableClientRestrictions] [--collaboration] 
[--disableCollaboration] [--shortcutLocations {desktop | launcher | desktop,launcher}]
lmvutil --updateGlobalApplicationEntitlement --entitlementName name [--description text] 
[--disabled] [--enabled] [--fromHome] [--disableFromHome] [--multipleSessionAutoClean] 
[--disableMultipleSessionAutoClean] [--requireHomeSite] [--disableRequireHomeSite] 
[--defaultProtocol value] [--scope scope] [--htmlAccess] [--disableHtmlAccess] 
[--appVersion value] [--appPublisher value] [--appPath value] [--tags tags] [--notags] 
[--preLaunch] [--disablePreLaunch] [--categoryFolder foldername] [--disableCategoryFolder]
[--clientRestrictions] [--disableClientRestrictions] [--shortcutLocations {desktop | launcher | desktop,launcher}]
[--multiSessionMode value]

使用上の注意

これらのコマンドは、ポッド フェデレーションにあるどの接続サーバ インスタンスでも使用できます。クラウド ポッド アーキテクチャ機能は、新しいデータをグローバル データ レイヤーに格納し、ポッド フェデレーション内のすべてのポッドでそのデータを複製します。

これらのコマンドは、グローバル資格が存在しない場合、範囲が無効な場合、クラウド ポッド アーキテクチャ機能が初期化されていない場合、またはグローバル資格を更新できない場合に、エラー メッセージを返します。

オプション

グローバル資格を変更するときには、これらのオプションを指定できます。一部のオプションは、グローバル デスクトップ資格にのみ、またはグローバル アプリケーション資格にのみ適用されます。

表 1. グローバル資格変更時のオプション
オプション 説明
--entitlementName 変更するグローバル資格の名前。
--scope
グローバル資格の範囲。有効な値は以下のとおりです。
  • ANY。ポッド フェデレーションの任意のポッドで Horizon がリソースを探します。
  • SITE。ユーザーが接続しているポッドと同じサイト内のポッドでのみ Horizon がリソースを探します。
  • LOCAL。ユーザーが接続しているポッドでのみ Horizon がリソースを探します。
--description

(オプション)グローバル資格の説明。説明には 1 文字から 1024 文字が使用できます。

--disabled (オプション)以前に有効化されたグローバル資格を無効化します。
--enabled (オプション)以前に無効化されたグローバル資格を有効化します。
--fromHome

(オプション)ユーザーにホーム サイトがある場合、ユーザーのホーム サイトから Horizon がリソースを探し始めます。ユーザーにホーム サイトがない場合、ユーザーが現在接続しているサイトで Horizon がリソースを探し始めます。

--disableFromHome

(オプション)グローバル資格で --fromHome 機能を無効にします。

--multipleSessionAutoClean

(オプション) 同じ資格の余剰ユーザー セッションをログオフします。複数のセッションは、セッションを含むポッドがオフラインになり、ユーザーが再度ログインして別のセッションを開始し、問題のポッドが元のセッションでオンラインに戻るときに発生する可能性があります。

複数のセッションが発生すると、セッションを選択するように指示するメッセージが Horizon Client によって表示されます。このオプションは、ユーザーが選択しないセッションに何が発生するかを決定します。

このオプションを指定しない場合、ユーザーは Horizon Client でログオフするか、セッションを起動してログオフして、自身の余剰セッションを手動で終了する必要があります。

--disableMultipleSessionAutoClean

(オプション)グローバル資格で --multipleSessionAutoClean 機能を無効にします。

--multipleSessionsPerUser

(オプション)ユーザーの複数セッションに関するポリシーを有効にします。これにより、複数のクライアント デバイスから個別のデスクトップ セッションを開始できます。複数のクライアント デバイスからグローバル デスクトップ資格に接続するユーザーは、複数のデスクトップ セッションを受け取ります。既存のデスクトップ セッションに再接続するには、そのセッションが開始されたのと同じデバイスを使用する必要があります。このポリシーを有効にしないと、使用するクライアント デバイスに関係なく、ユーザーは常に既存のデスクトップ セッションに再接続します。フローティング デスクトップ資格にのみ適用されます。

--disableMultipleSessionsPerUser

(オプション)グローバル デスクトップ資格でユーザーの複数セッションに関するポリシーを無効にします。

--requireHomeSite

(オプション) ユーザーにホーム サイトがある場合のみグローバル資格が使用可能になります。このオプションは --fromHome オプションも指定されたときのみ適用可能です。

--disableRequireHomeSite

(オプション)グローバル資格で --requireHomeSite 機能を無効にします。

--defaultProtocol

(オプション)グローバル資格におけるデスクトップまたはアプリケーションのデフォルト表示プロトコルを指定します。グローバル デスクトップ資格の有効値は RDP、PCOIP、および BLAST であり、グローバル アプリケーション資格の有効値は PCOIP および BLAST です。

--htmlAccess

(オプション)HTML Access ポリシーを有効にします。これにより、HTML Access 機能を使用してグローバル資格のリソースにアクセスできます。HTML Access を使用すると、エンド ユーザーは Web ブラウザを使用してリモート リソースにアクセスできるため、ローカル システムにクライアント ソフトウェアをインストールする必要がありません。

--disableHtmlAccess

(オプション)グローバル資格で HTML Access ポリシーを無効にします。

--appVersion

(オプション)アプリケーションのバージョン。

グローバル アプリケーション資格にのみ適用されます。

--appPublisher

(オプション)アプリケーションのパブリッシャ。

グローバル アプリケーション資格にのみ適用されます。

--appPath

(オプション)C:\Program Files\app1.exe などのアプリケーションのフル パス名。

グローバル アプリケーション資格にのみ適用されます。

--tags

(オプション)Connection Server インスタンスからグローバル資格へのアクセスを制限する 1 つ以上のタグを指定します。複数のタグを指定するには、複数のタグ名をカンマまたはセミコロンで区切り、引用符を付けたリストを入力します。詳細については、グローバル資格に対する接続サーバ制限の実装を参照してください。

--notags

(オプション)グローバル資格からタグを削除します。

--preLaunch

(オプション)事前起動ポリシーを有効にします。これにより、ユーザーが Horizon Client でグローバル アプリケーション資格を開く前に、アプリケーション セッションが起動します。事前起動ポリシーを有効にすると、ユーザーはグローバル アプリケーション資格をより迅速に起動できます。グローバル アプリケーション資格のすべてのアプリケーション プールが、セッションの事前起動機能をサポートし、すべてのファームで事前起動セッションのタイムアウトが同じである必要があります。

--disablePreLaunch

(オプション)グローバル アプリケーション資格で事前起動ポリシーを無効にします。

--categoryFolder

(オプション)クライアント デバイスのグローバル資格用ショートカットを含むカテゴリ フォルダの名前を指定します。最大で 4 つのフォルダ レベルを設定できます。フォルダ名の長さは最大 64 文字です。サブフォルダを指定するには、バックスラッシュ (\) 文字を入力します。たとえば、dir1\dir2\dir3\dir4 と入力します。最大で 4 つのフォルダ レベルを入力できます。フォルダ名の先頭または末尾にバックスラッシュは使用できません。また、バックスラッシュを重ねて使用することもできません。たとえば、\dir1dir1\dir2\dir1\\dir2dir1\\\dir2 は無効です。Windows の予約キーワードは入力できません。また、--shortcutLocations オプションを使用して、Windows クライアント デバイス上のショートカットの場所を指定する必要があります。詳細については、グローバル資格のショートカットの設定を参照してください。

--disableCategoryFolder

(オプション)グローバル資格のカテゴリ フォルダを削除します。

--clientRestrictions

(オプション)クライアントの制限ポリシーを有効にし、特定のクライアント コンピュータに対するグローバル資格へのアクセスを制限します。詳細については、グローバル資格に対するクライアント制限の実装を参照してください。

--disableClientRestrictions

(オプション)グローバル資格でクライアントの制限ポリシーを無効にします。

--collaboration

(オプション)セッション共同作業ポリシーを有効にします。これにより、リモート デスクトップ セッションのユーザーが自身のセッションに他のユーザーを招待できます。グローバル デスクトップ資格内のすべてのデスクトップ プールが、セッション共同作業機能をサポートしている必要があります。グローバル デスクトップ資格にのみ適用されます。

--disableCollaboration

(オプション)グローバル デスクトップ資格でセッション共同作業ポリシーを無効にします。

--shortcutLocations

(オプション)このオプションを使用して、クライアント デバイスのショートカットを変更または作成します。使用できる値は、デスクトップにショートカットを作成する desktop と、Windows のスタート メニューにショートカットを作成する launcher です。コンマで区切ると desktoplauncher の両方を指定できます。ショートカットはデスクトップと Windows スタート メニューの両方に作成されます。

ショートカットを変更する場合、つまり、カテゴリ フォルダがすでに作成されている場合は、カテゴリ フォルダ名を変更する場合を除き、--categoryFolder オプションを指定する必要はありません。

カテゴリ フォルダが作成されていない場合は、--categoryFolder オプションを --shortcutLocations オプションと一緒に指定する必要があります。

注: : このオプションは --disableCategoryFolder オプションとは併用しないでください。
--multiSessionMode

(オプション)グローバル アプリケーション資格に複数セッション モードを設定します。DISABLEDENABLED_DEFAULT_OFFENABLED_DEFAULT_ONENABLED_ENFORCED のいずれかの値を指定します。詳細については、グローバル アプリケーション資格の複数セッション モードの有効化を参照してください。

lmvutil --authAs adminEast --authDomain domainEast --authPassword "*" --updateGlobalEntitlement --entitlementName "Windows 8 Desktop" --scope ANY --isDedicated
lmvutil --authAs adminEast --authDomain domainEast --authPassword "*" 
--updateGlobalApplicationEntitlement --entitlementName "Microsoft Office PowerPoint" --scope ANY