Horizon は、各ポッドの健全性とポッドの接続サーバ インスタンスをチェックすることで、ポッド フェデレーションの健全性を常に監視しています。ポッド フェデレーションの健全性は、Horizon Administrator で表示できます。

ポッド フェデレーションの健全性は、コマンド ラインで vdmadmin コマンドに-H オプションを指定して使用し、表示することもできます。vdmadmin 構文の詳細については、『Horizon 7 の管理』を参照してください。

重要: : Horizon イベント データベースは、ポッド フェデレーション内のポッド間で共有されません。

手順

  1. ポッド フェデレーション内の接続サーバ インスタンスの Horizon Administrator ユーザー インターフェイスにログインします。
  2. Horizon Administrator で、[インベントリ] > [ダッシュボード] の順に選択します。

結果

[システムの健全性] ペインの [リモート ポッド]セクションには、すべてのポッド、そのメンバーの接続サービス インスタンス、および各接続サーバ インスタンスの既知の健全性ステータスが一覧表示されます。

緑の健全性アイコンは、接続サーバ インスタンスがオンラインで、クラウド ポッド アーキテクチャ機能で使用できることを示しています。赤色の健全性アイコンは、接続サーバ インスタンスがオフラインであるか、クラウド ポッド アーキテクチャ機能が接続サーバ インスタンスに接続できず、使用の可否を確認できないことを示しています。