Horizon 7 環境内の vCenter Server インスタンスに接続するように、Horizon 7 を構成する必要があります。Horizon 7 がデスクトップ プールで使用する仮想マシンは、vCenter Server が作成し、管理します。

vCenter Server インスタンスをリンク モード グループ内で実行する場合は、各 vCenter Server インスタンスを個別に Horizon 7 に追加する必要があります。

Horizon 7 は、安全なチャネル (TLS) を使用して vCenter Server インスタンスに接続します。

前提条件

  • Connection Server の製品ライセンス キーをインストールします。
  • Horizon 7 をサポートするのに必要な vCenter Server で、操作を実行する権限のある vCenter Server ユーザーを準備します。Horizon Composer を使用するには、このユーザーに権限を追加する必要があります。

    Horizon 7 のための vCenter Server ユーザーの構成の詳細については、『Horizon 7 のインストール』ドキュメントを参照してください。

  • TLS サーバ証明書が vCenter Server ホストにインストールされていることを確認します。本番環境で、信頼された証明機関 (CA) によって署名された有効な証明書をインストールします。

    テスト環境では、vCenter Server でインストールされたデフォルト証明書を使用できますが、vCenter Server を Horizon 7 に追加する際に証明書サムプリントを受け入れる必要があります。

  • 複製されたグループ内のすべての Connection Server インスタンスが、vCenter Server ホストにインストールされているサーバ証明書のルート CA 証明書を信頼していることを確認します。ルート CA 証明書が、Connection Server ホスト上の Windows ローカル コンピュータの証明書ストア内の [信頼されたルート証明機関] > [証明書] フォルダにあるかどうか確認します。このフォルダにない場合、ルート CA 証明書を Windows ローカル コンピュータの証明書ストアにインポートします。

    Horizon 7 のインストール』ドキュメントの「ルート証明書と中間証明書を Windows 証明書ストアにインポートする」を参照してください。

  • vCenter Server インスタンスに ESXi ホストが含まれていることを確認します。vCenter Server インスタンスでホストが構成されていない場合、そのインスタンスを Horizon 7 に追加することはできません。
  • vSphere 5.5 以降のリリースにアップグレードする場合、vCenter Server ユーザーとして使用するドメイン管理者アカウントが、vCenter Server のローカル ユーザーによって vCenter Server にログインするために明示的に指定された権限であったことを確認してください。
  • Horizon 7 で FIPS モードを使用する予定の場合は、vCenter Server 6.0 以降および ESXi 6.0 以降のホストを使用していることを確認してください。

    詳細については、『Horizon 7 のインストール』ドキュメントで「FIPS モードでの Horizon 7 のインストール」を参照してください。

  • vCenter Server と Horizon Composer の操作数の上限を決定する設定について理解しておきます。

手順

  1. Horizon Console で、[設定] > [サーバ] の順に移動します。
  2. [vCenter Server] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [vCenter Server 設定] の [サーバ アドレス] テキスト ボックスに、vCenter Server インスタンスの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。
    FQDN にはホスト名とドメイン名が含まれます。たとえば、FQDN の myserverhost.companydomain.com で、 myserverhost はホスト名で、 companydomain.com はドメインです。
    注: : DNS 名または URL を使用してサーバを入力すると、 Horizon 7 は管理者が以前に IP アドレスを使用して Horizon 7 にこのサーバを追加したかどうかを確認する DNS 検索を実行しません。vCenter Server をその DNS 名と IP アドレスの両方で追加すると、競合が発生します。
  4. vCenter Server ユーザーの名前を入力します。
    例: domain\user または user@domain.com
  5. vCenter Server ユーザーのパスワードを入力します。
  6. (オプション) この vCenter Server インスタンスの説明を入力します。
  7. TCP のポート番号を入力します。
    デフォルトのポートは 443 です。
  8. (オプション) VMware Cloud on AWS に vCenter Server がデプロイされている場合は、[VMware Cloud on AWS] を選択します。
    VMware Cloud on AWSHorizon 7 の統合の詳細については、『 Horizon 7 の統合』を参照してください。
  9. [詳細設定] で、vCenter Server と Horizon Composer の同時操作の制限数を設定します。
  10. [次へ] をクリックし、指示に従ってウィザードを完了します。

次のタスク

Horizon Composer の設定を行います。

  • vCenter Server インスタンスが署名された TLS 証明書で設定されていて、Connection Server がルート証明書を信頼している場合、[vCenter Server を追加] ウィザードで [Horizon Composer 設定] ページが表示されます。
  • vCenter Server インスタンスがデフォルト証明書で構成されている場合、最初に既存の証明書のサムプリントを受け入れるかどうかを決定する必要があります。デフォルトの TLS 証明書のサムプリントを受け入れるを参照してください。

Horizon 7 で複数の vCenter Server インスタンスを使用している場合、この手順を繰り返してその他の vCenter Server インスタンスを追加します。