Horizon Console を使用すると、デスクトップやアプリケーションのデプロイが簡単になり、ジャストイン タイムのデスクトップ配信が可能になります。セキュリティ リスクを回避するため、より安全な Web インターフェイスも利用できます。

Horizon Console Web インターフェイスを更新すると、使いやすいワークロードを使用して、デスクトップとアプリケーションのデプロイやトラブルシューティングを行うことができます。

Horizon Console には、インスタント クローン、VMware App Volumes、VMware User Environment Manager テクノロジーを統合ワークフローに組み込む JMP Integrated Workflow 機能も含まれます。この機能を使用すると、オンデマンド デスクトップをすばやくデプロイし、スケーリングできます。詳細については、JMP Integrated Workflow のバージョン情報を参照してください。

Horizon Console には HTML5 ベースの Web インターフェイスが用意されています。これにより、安全性を強化し、多くのセキュリティ リスクと脆弱性を排除できます。