ユーザーが公開デスクトップまたはアプリケーションを起動すると、セッションが作成されます。管理者は、セッションの切断とログオフ、クライアントへのメッセージの送信、仮想マシンのリセットと再起動などを行うことができます。

手順

  1. Horizon Console で、セッション情報が表示される場所に移動します。
    セッションのタイプ ナビゲーション
    リモート デスクトップ セッション [インベントリ] > [デスクトップ] の順に選択し、プール ID をクリックして [セッション] タブをクリックします。[セッション] 列は、すべてのデスクトップの [デスクトップ プール] ページに表示されます。

    [インベントリ] > [ファーム] の順に選択し、ファーム ID をクリックして [セッション] タブをクリックします。[セッション] 列は、すべてのデスクトップの [ファーム] ページに表示されます。

    [設定] > [登録済みのマシン] の順に選択し、[セッション] 列を表示します。

    リモート デスクトップ セッションとアプリケーション セッション [監視] > [セッション] の順に選択します。
    ユーザーまたはユーザー グループに関連付けられたセッション
    • [ユーザーとグループ] を選択します。
    • ユーザーの名前またはユーザー グループの名前をクリックします。
    • [セッション] タブをクリックします。
  2. セッションを選択します。
    ユーザーにメッセージを送信する場合、複数のセッションを選択できます。その他の操作は、一度に 1 つのセッションでのみ実行できます。ログオフ操作は、vSphere コンソールから接続していないセッションでのみ実行できます。
  3. 切断、ログオフ、メッセージの送信、デスクトップの再起動、仮想マシンのリセットのうち、いずれかの操作を選択します。
    オプション 説明
    セッションを切断 ユーザーをセッションから切断します。
    Logoff Session(セッションのログオフ) ユーザーをセッションからログオフさせます。保存されていないデータは失われます。
    メッセージを送信 Horizon Client にメッセージを送信します。メッセージに、[情報][警告]、または [エラー] のラベルを付けることができます。
    デスクトップの再起動 仮想デスクトップで再起動操作を実行すると、仮想マシンのオペレーティング システムのグレースフル再起動が実行されます。
    仮想マシンをリセット 仮想マシンでリセット操作を実行すると、オペレーティング システムのグレースフル再起動は実行されず、仮想マシンのパワーオフとパワーオンが即時実行されます。
  4. [OK] をクリックします。