イベント データベースは、Connection Server ホストまたはグループ、Horizon AgentHorizon Console で発生したイベントの情報を格納し、ダッシュボードでイベントの数をユーザーに通知します。[イベント] ページでイベントの詳細を調べることができます。

注: : イベントは、一定の時間、 Horizon Console インターフェイスに一覧表示されます。この時間が経過すると、イベントは履歴データベース テーブルにのみ表示されます。データベース テーブル内のイベントを調べるには、Microsoft SQL Server または Oracle データベース レポート ツールを使用できます。詳細については、 Horizon 7 の統合を参照してください。
注: : イベント データベースが使用できない場合、 Horizon 7 がイベントの監査証跡を維持し、データベースが使用可能になると、これらの監査証跡をイベント データベースに保存します。これらのイベントを Horizon Console インターフェイスに表示するには、イベント データベースと Connection Server を再起動する必要があります。

Horizon Console でのイベントの監視に加えて、イベント データが分析ソフトウェアからアクセスできるように、Horizon 7 イベントを Syslog 形式で生成できます。Horizon Console での Syslog サーバのイベント ログの設定と『Horizon 7 のインストール』の「-I オプションを使用した Syslog 形式での Horizon 7 イベント ログ メッセージの生成」を参照してください。

複数の Connection Server にイベント データベースを設定すると、Horizon Console[イベント] ページにすべての Connection Server のイベントが表示されます。Horizon Console では、実行するタスクに基づいてイベントがフィルタリングされます。これらのイベントは、[デスクトップ プール][アプリケーション プール] など、関連するページに表示されます。

前提条件

イベント データベースを作成して設定します。『Horizon 7 のインストール』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. Horizon Console で、[監視] > [イベント] の順に選択します。
  2. (オプション) [イベント] ページでは、イベントの時間範囲を選択し、イベントにフィルタリングを適用し、一覧表示されたイベントを 1 つ以上の列で並べ替えることができます。

次のタスク

特定のイベントを表示するには、Horizon Console でデスクトップまたはアプリケーション プール、仮想マシン、パーシステント ディスク、ユーザーまたはグループに移動し、[イベント] タブをクリックします。