管理者が Horizon Console でプールを管理するためには、特定の権限が必要です。

次の表に、一般的なプール管理タスクの一覧と、各タスクを実行するために必要となる権限を示します。

表 1. プール管理タスクと権限
タスク 必要な権限
デスクトップ プールを有効または無効にする。 ファームおよびデスクトップ プールを有効にする
プールに対する資格をユーザーに付与する、または資格を取り消す。 デスクトップおよびアプリケーション プールに資格を割り当てる
プールを追加する。 ファーム、デスクトップおよびアプリケーション プールを管理
注: : 管理対象外のデスクトップ プールを追加する場合は適用されません。管理者は、このタスクを実行するためのグローバル設定およびポリシー管理者 (読み取り専用) ロールを持っている必要があります。
プールを変更または削除する。 ファーム、デスクトップおよびアプリケーション プールを管理
注: : 管理対象外のデスクトップ プールを削除する場合は適用されません。管理者は、このタスクを実行するためのグローバル設定およびポリシー管理者 (読み取り専用) ロールを持っている必要があります。
プールにデスクトップを追加またはプールからデスクトップを削除する。 ファーム、デスクトップおよびアプリケーション プールを管理
注: : デスクトップ プールで管理対象外の仮想デスクトップを追加または削除する場合は適用されません。管理者は、このタスクを実行するためのグローバル設定およびポリシー管理者 (読み取り専用) ロールを持っている必要があります。
デフォルトの Horizon Console イメージを更新、再構成、再調整または変更する。 Composer デスクトップ プール イメージを管理
アクセス グループを変更する。 ソースおよびターゲット アクセス グループでの [ファーム、デスクトップおよびアプリケーション プールを管理]