View LDAP リポジトリの内容をエクスポートして、Horizon Connection Server インスタンスの構成データをバックアップできます。

vdmexport コマンドを使用して、View LDAP 構成データを暗号化された LDIF ファイルにエクスポートします。vdmexport -v(逐語的)オプションを使用してデータをプレーン テキスト LDIF ファイルにエクスポートすることも、vdmexport -c(クレンジング)オプションを使用してデータをパスワードなどの秘密データが削除されたプレーン テキストとしてエクスポートすることもできます。

任意の Connection Server インスタンスで vdmexport コマンドを実行できます。複製されたグループに複数の Connection Server インスタンスがある場合は、1 つのインスタンスのデータをエクスポートするだけで済みます。複製されたすべてのインスタンスに同じ構成データが含まれています。

注: : vdmexport.exe コマンドは View LDAP データのみをバックアップします。このコマンドは Horizon Composer データベース情報はバックアップしません。

前提条件

  • Connection Server とともにインストールされている vdmexport.exe コマンドの実行可能ファイルを次のデフォルト パスで見つけます。

    C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\tools\bin

  • Administrators(管理者)または Administrators (Read Only)(管理者(読み取り専用))ロールのユーザーとして Connection Server インスタンスにログインします。

手順

  1. [スタート] > [コマンド プロンプト] を選択します。
  2. コマンド プロンプトで vdmexport コマンドを入力し、出力をファイルにリダイレクトします。例:
    vdmexport > Myexport.LDF
    デフォルトでは、エクスポートされるデータは暗号化されています。
    出力ファイル名を -f オプションの引数として指定できます。例:
    vdmexport -f Myexport.LDF
    -v オプションを使用することで、データをプレーン テキスト形式(逐語的)でエクスポートできます。例:
    vdmexport -f Myexport.LDF -v
    -c オプションを使用することで、データをパスワードなどの秘密データが削除されたプレーン テキスト形式(クレンジング データ)でエクスポートできます。例:
    vdmexport -f Myexport.LDF -c
    注: : View LDAP 構成を復元するためにクレンジング バックアップ データの使用は検討しないでください。クレンジング構成データでは、パスワードなどの重要な情報が欠落しています。

結果

vdmexport コマンドの詳細については、『Horizon 7 の統合』を参照してください。

次のタスク

vdmimport コマンドを使用して、Connection Server の構成情報を復元または転送できます。

LDIF ファイルのインポートの詳細については、Horizon Connection Server と Horizon Composer の構成データのリストアを参照してください。