User Environment Manager 構成共有の既存の設定を削除する場合は、Horizon Console を使用します。

登録済みの User Environment Manager 構成共有が JMP 割り当てで使用されていない場合、この構成共有を JMP 設定から削除できます。

手順

  1. Horizon Console で、[JMP 設定] をクリックします。
  2. [UEM] タブをクリックします。
  3. JMP の設定から削除する User Environment Manager 構成共有情報の行を選択します。
  4. [削除] をクリックして、この User Environment Manager 構成共有情報の削除を確認します。

結果

User Environment Manager 構成共有を使用する JMP 割り当てがない場合、構成共有が削除されます。

User Environment Manager 構成共有が JMP 割り当てで使用されている場合は、警告のダイアログ ボックスが表示されます。警告メッセージに、User Environment Manager 構成共有を使用している JMP 割り当てのリストが表示されます。User Environment Manager 構成共有を JMP 割り当てから削除するか、構成共有を使用している JMP 割り当てを削除した場合にのみ、その構成共有情報を削除できます。