複製された Horizon 接続サーバ インスタンスをインストールする場合、通常、物理的に同じ場所にインスタンスを構成し、高速 LAN でインスタンス間を接続する必要があります。このようにしないと、遅延の発生により Horizon 接続サーバ インスタンスの View LDAP 構成の整合性が失われる可能性があります。また、構成情報が期限切れになった Horizon 接続サーバ インスタンスに接続するときに、ユーザーがアクセスを拒否される場合があります。

重要: : データセンターをまたいで Horizon を展開する場合に、複製された Connection Server インスタンスのグループを WAN、MAN (metropolitan area network)、または他の LAN 以外をまたいで使用するには、 クラウド ポッド アーキテクチャ 機能を使用する必要があります。詳細については、『 Horizon 7 でのクラウド ポッド アーキテクチャの管理』を参照してください。