View Composer データを格納するためのデータベースとデータ ソース名(DSN)を作成する必要があります。

View Composer サービスにはデータベースは含まれません。ネットワーク環境にデータベース インスタンスが存在しない場合、インスタンスをインストールする必要があります。データベース インスタンスをインストールした後、View Composer データベースをそのインスタンスに追加します。

View Composer データベースは、vCenter Server データベースが配置されているインスタンスに追加できます。データベースは、ローカルまたはリモートで、ネットワーク接続された Linux、UNIX、または Windows Server コンピュータ上のいずれかで構成することができます。

View Composer データベースには、View Composer で使用される接続とコンポーネントについての情報が格納されます。

  • vCenter Server の接続
  • Active Directory の接続
  • View Composer によって展開されるリンク クローン デスクトップ
  • View Composer によって作成されるレプリカ

View Composer サービスの各インスタンスには、専用の View Composer データベースが必要です。複数の View Composer サービスで 1 つの View Composer データベースを共有することはできません。

サポートされるデータベース バージョンのリストについては、以下を参照してください:View Composer およびイベント データベースのデータベース要件.

View Composer データベースをインストール済みのデータベース インスタンスに追加するには、次のいずれかの手順を選択します。