接続サーバ インスタンスまたはセキュリティ サーバ上で動作している PCoIP Secure Gateway (PSG) サービスを制御するデフォルト ポートを置換できます。ポートの競合を回避するために、この操作が必要になる場合があります。

デフォルトでは、PCoIP Secure Gateway はローカル TCP ポート 50060 で制御接続を待機します。

手順

  1. PCoIP Secure Gateway が動作している接続サーバまたはセキュリティ サーバの SSL ゲートウェイ設定フォルダに locked.properties ファイルを作成し、編集します。
    例: install_directory\VMware\VMware View\Server\sslgateway\conf\locked.properties
    locked.properties ファイルのプロパティは、大文字と小文字が区別されます。
  2. locked.properties ファイルに psgControlPort プロパティを追加します。
    例:
    psgControlPort=52060
    
  3. 同じマシンで Windows レジストリ エディタを起動します。
  4. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Teradici\SecurityGateway レジストリ キーに移動します。
  5. このレジストリ キーで、次の文字列値 (REG_SZ) と更新したポート番号を追加します。
    例:
    TCPControlPort "52060"
    
    注: : TCPControl Port のポート番号は、 psgControlPort のポート番号と同じです。
  6. 変更を反映するため、接続サーバ サービスまたはセキュリティ サーバ サービスを再起動してください。