Horizon 7 サーバのデフォルト ポート 443 を置き換えて、ポート 80 に接続を試みる Horizon Client に HTTP リダイレクトを許可したい場合、Horizon 7 サーバの locked.properties ファイルで設定する必要があります。

注: : この手順は、SSL を中間デバイスにオフロードしても効果はありません。SSL オフロードがインプレースで、 Horizon 7 サーバの HTTP ポートはサービスをクライアントに提供します。

前提条件

デフォルトのポート番号を 443 から変更したことを確認します。インストール中に構成されるデフォルト値を使用する場合、この手順を実行して HTTP リダイレクト規則を保持する必要はありません。

手順

  1. 接続サーバ ホストまたはセキュリティ サーバ コンピュータ上で、SSL ゲートウェイ構成フォルダ内の locked.properties ファイルを作成または編集します。
    例: install_directory\VMware\VMware View\Server\sslgateway\conf\locked.properties
    locked.properties ファイルのプロパティは、大文字と小文字が区別されます。
  2. 以下の行を locked.properties ファイルに追加します:
    frontMappingHttpDisabled.1=5:*:moved:https::port
    frontMappingHttpDisabled.2=3:/error/*:file:docroot
    frontMappingHttpDisabled.3=1:/admin*:missing
    frontMappingHttpDisabled.4=1:/view-vlsi*:missing

    前行の変数 port は、クライアントが接続するポート番号です。

    前行を追加しなければ、port は 443 のままです。

  3. 変更を反映するため、接続サーバ サービスまたはセキュリティ サーバ サービスを再起動してください。