TLS 証明書を認識して使用するように、接続サーバ インスタンスまたはセキュリティ サーバを構成するには、証明書のフレンドリ名を vdm に変更する必要があります。

View Composer が使用している TLS 証明書のわかりやすい名前を変更する必要はありません。

前提条件

サーバ証明書が Windows 証明書ストアの[証明書(ローカル コンピュータ)] > [個人] > [証明書] フォルダにインポートされていることを確認します。署名付きサーバ証明書を Windows 証明書ストアにインポートするを参照してください。

手順

  1. Windows Server ホストの MMC ウィンドウで、[証明書(ローカル コンピュータ)] ノードを展開して [個人] > [証明書] フォルダを選択します。
  2. Horizon 7 サーバ ホストに発行される証明書を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブで、[わかりやすい名前] のテキストを削除し、vdm と入力します。
  4. [適用][OK] の順にクリックします。
  5. [個人] > [証明書] フォルダのその他のサーバ証明書で、フレンドリ名が vdm になっていないことを確認します。
    1. その他のサーバ証明書がある場合はそれを見つけて証明書を右クリックし、[個人] をクリックします。
    2. 証明書のわかりやすい名前が vdm である場合は、その名前を削除し、[適用] をクリックして、[OK] をクリックします。

次のタスク

ルート証明書と中間証明書を Windows ローカル コンピュータの証明書ストアにインポートします。

チェーン内のすべての証明書をインポートした後で、接続サーバ サービスまたはセキュリティ サーバ サービスを再起動して変更を反映する必要があります。