Horizon Agent は、接続サーバと通信して、表示プロトコル PCoIP および Blast Extreme をサポートします。RDS ホストに Horizon Agent をインストールする必要があります。

前提条件

手順

  1. 管理者としてログインします。
  2. Horizon Agent インストール プログラムを起動するには、インストーラ ファイルをダブルクリックします。
    インストーラのファイル名は、 VMware-viewagent-x86_64-y.y.y-xxxxxx.exe です。 y.y.y はバージョン番号、 xxxxxx はビルド番号です。
  3. インターネット プロトコル (IP) バージョンとして、[IPv4] または [IPv6] を選択します。
    すべての Horizon 7 コンポーネントを同じ IP バージョンでインストールする必要があります。
  4. カスタム セットアップのオプションを選択します。
    手動ファームに置かれる RDS ホストに Horizon Agent をインストールしている場合、[View Composer Agent] オプションを選択しないでください。
  5. [サーバ] テキスト ボックスに、接続サーバ ホストのホスト名または IP アドレスを入力します。
    インストール時に、インストーラが接続サーバ インスタンスに RDS ホストを登録します。登録後、指定した接続サーバ インスタンスおよび同じ接続サーバ グループ内の他のインスタンスは RDS ホストと通信できます。
  6. 認証方式を選択して、接続サーバ インスタンスに RDS ホストを登録します。
    オプション 説明
    現在ログインしているユーザーとして認証する [ユーザー名] および [パスワード] テキスト ボックスは無効であり、現在のユーザー名とパスワードを使用して接続サーバ インスタンスにログインします。
    管理者の認証情報を指定する [ユーザー名] および [パスワード] テキスト ボックスに、接続サーバ管理者のユーザー名とパスワードを入力する必要があります。
    ユーザー アカウントは、View 接続サーバ インスタンスで View LDAP にアクセスできるドメイン ユーザーでなければなりません。ローカル ユーザーは使用できません。
  7. 指示に従ってインストールを終了します。

次のタスク

ファームを作成します。ファームの作成を参照してください。