RDS ホストのタイム ゾーンとユーザーのタイム ゾーンが異なる場合、デフォルトでは、そのユーザーが RDS デスクトップに接続するときに RDS デスクトップには RDS ホストのタイム ゾーンの時間が表示されます。タイム ゾーン リダイレクト グループ ポリシー設定を有効にすることにより、RDS デスクトップにローカル タイム ゾーンの時間を表示することができます。このポリシー設定はアプリケーション セッションにも適用されます。

前提条件

  • Active Directory サーバでグループ ポリシー管理機能が使用できることを確認します。

    グループ ポリシー管理コンソールを開く手順は、Windows 2012、Windows 2008、および Windows 2003 Active Directory の各バージョンによって異なります。『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』にある「Horizon グループ ポリシーの GPO の作成」を参照してください。

  • Horizon 7 RDS ADMX ファイルが Active Directory に追加されていることを確認します。『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』の「リモート デスクトップ サービス ADMX ファイルを Active Directory へ追加」を参照してください。
  • グループ ポリシー設定について理解しておきます。『Horizon 7 でのリモート デスクトップ機能の構成』の「RDS デバイスおよびリソースのリダイレクトの設定」を参照してください。

手順

  1. Active Directory サーバで、グループ ポリシー管理コンソールを開きます。
  2. ドメインと [グループ ポリシー オブジェクト] を展開します。
  3. グループ ポリシー設定用に作成した GPO を右クリックし、[編集] を選択します。
  4. グループ ポリシー管理エディタで、[コンピュータの構成] > [ポリシー] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [リモート デスクトップ サービス] > [リモート デスクトップ セッション ホスト] > [デバイスとリソースのリダイレクト] の順に移動します。
  5. 設定 [タイム ゾーン リダイレクトの許可] を有効にします。