アプリケーション プールのアンチアフィニティ ルールを構成すると、Horizon 接続サーバはアプリケーションを実行するのに十分なリソースを持つ RDS ホストのみでアプリケーションを起動するように試みます。この機能は、大量の CPU またはメモリ リソースを消費するアプリケーションを制御するのに役立ちます。

アンチアフィニティ ルールは、アプリケーション一致パターンと最大数で構成されます。たとえば、アプリケーション一致パターンは autocad.exe で最大数は 2 の可能性があります。

接続サーバは、RDS ホスト上の Horizon Agent にアンチアフィニティ ルールを送信します。プロセス名がアプリケーション一致パターンと同じであるアプリケーションが RDS ホストで実行されている場合、Horizon Agent はこれらのアプリケーションのインスタンスの現在数を数え、その数を最大数と比較します。最大数を超えた場合、接続サーバは RDS ホストの選択時にその RDS ホストをスキップしてアプリケーションの新規セッションを実行します。

前提条件

手順

  1. Horizon Administrator で、[カタログ] > [アプリケーション プール] を選択します。
  2. 変更するプールを選択し、[編集] をクリックします。
  3. [アンチアフィニティ パターン] テキスト ボックスに、RDS ホストで実行されている他のアプリケーションのプロセス名に一致するパターンのカンマ区切りリストを入力します。
    パターン文字列には、アスタリスク (*) と疑問符 (?) をワイルドカード文字として含むことができます。アスタリスクは 0 文字以上に一致し、疑問符は任意の 1 文字に一致します。
    たとえば、 *pad.exe,*notepad.???wordpad.exenotepad.exe、および notepad.bat に一致しますが、 wordpad.bat または notepad.script には一致しません。
    注: : Horizon 7 は、1 つのセッションのアプリケーションについて一致する複数のパターンを 1 つの一致としてカウントします。
  4. [アンチアフィニティの数] テキスト ボックスに、RDS ホストが新しいアプリケーション セッションについて拒否されるまでに RDS ホストで実行できる他のアプリケーションの最大数を入力します。
    最大数は 1 から 20 までの整数です。
  5. [OK] をクリックして変更を保存します。