リアルタイム オーディオビデオは、標準的な Web カメル、USB オーディオ、アナログ オーディオ デバイスで動作します。この機能は、Skype、WebEx、Google ハングアウト、Microsoft Teams などの標準的な会議アプリケーションにも対応しています。リアルタイム オーディオビデオをサポートするには、Horizon 環境が特定のソフトウェアおよびハードウェア要件を満たす必要があります。

仮想デスクトップ

Microsoft Teams を RTAV で使用する場合、仮想デスクトップに少なくとも 4vCPU と 4 GB の RAM を搭載することをおすすめします。

Horizon Client ソフトウェア
  • Horizon Client 2.2 for Windows 以降のリリース
  • Horizon Client 2.2 for Linux 以降のリリース。Horizon Client for Linux 3.1 以前の場合、この機能はサードパーティ ベンダーによって提供される Horizon Client for Linux のバージョンでのみ使用できます。Horizon Client for Linux 3.2 以降の場合、この機能は VMware から入手できるクライアントのバージョンでも入手できます。
  • Horizon Client 2.3 for Mac 以降のリリース
  • Horizon Client 4.0 for iOS 以降のリリース。
  • Horizon Client 4.0 for Android 以降のリリース。
Horizon Client コンピュータまたはクライアント アクセス デバイス
  • Horizon Client for Windows を実行するすべてのオペレーティング システム。
  • x86 デバイスで Horizon Client for Linux を実行するすべてのオペレーティング システム。この機能は ARM プロセッサではサポートされません。
  • Mac OS X Mountain Lion (10.8) 以降。それよりも前のすべての Mac OS X オペレーティング システムでは無効になっています。
  • Horizon Client for iOS を実行するすべてのオペレーティング システム。
  • Horizon Client for Android を実行するすべてのオペレーティング システム。
  • サポートされているクライアント オペレーティング システムについては、『Horizon Client のインストール』と該当するシステムまたはデバイスのセットアップ ドキュメントを参照してください。
  • webcam およびオーディオ デバイス ドライバをインストールする必要があり、webcam およびオーディオ デバイスがクライアント コンピュータで操作可能である必要があります。エージェントがインストールされているマシンにデバイス ドライバをインストールする必要はありません。
表示プロトコル
  • PCoIP
  • VMware Blast(Horizon Agent 7.0 以降が必要)