ロケーション ベースの印刷機能は、物理的に近いクライアント システムであるプリンタをリモート デスクトップにマッピングして、ユーザーがリモート デスクトップからローカル プリンタやネットワーク プリンタに印刷できるようにします。

ロケーション ベースの印刷により、IT 組織は、エンドポイントのクライアント デバイスに最も近いプリンタにリモート デスクトップをマッピングすることができます。たとえば、病院の医師が次々と部屋を移動している場合、その医師がドキュメントを印刷する度に、印刷ジョブはその医師が現在いる部屋に最も近いプリンタに送信されます。

ロケーションベースの印刷機能は、Windows、Mac、Linux、およびモバイル クライアント デバイスで使用できます。ブラウザ ベースのクライアントでも使用できます。

注: : HTML Access を使用してリモート デスクトップや公開アプリケーションに接続している場合、MAC アドレスまたはクライアント名を含むロケーション ベースの印刷ポリシーは使用できません。

ロケーション ベースの印刷は、次のリモート デスクトップおよびアプリケーションでサポートされます。

  • Windows デスクトップや Windows サーバ マシンなど、単一ユーザーのマシンにデプロイされたデスクトップ。
  • 仮想マシンまたは物理マシンに配置されている RDS ホストにデプロイされている公開デスクトップと公開アプリケーション。
  • リモート デスクトップ内部の Horizon Client から起動される公開アプリケーション

ロケーション ベースの印刷機能を使用するには、デスクトップに Horizon Agent と一緒に仮想印刷セットアップ オプションをインストールするとともに、正しいプリンタ ドライバをインストールする必要があります。

ロケーションベースの印刷を設定するには、Active Directory グループ ポリシー設定 AutoConnect Map Additional Printers for VMware View を設定します。この設定は、Microsoft グループ ポリシー オブジェクト エディタの [コンピュータの構成] の下の [ソフトウェアの設定] フォルダにあります。

注: : AutoConnect Map Additional Printers for VMware View はコンピュータ固有のポリシーです。コンピュータ固有のポリシーは、デスクトップに接続するユーザーに関係なく、すべてのリモート デスクトップに適用されます。

AutoConnect Map Additional Printers for VMware View は名前変換表として実装されます。表の各行を使用して、特定のプリンタを識別し、そのプリンタの一連の変換ルールを定義します。変換ルールは、プリンタが特定のクライアント システムのリモート デスクトップにマッピングされているかどうかを判定します。

ユーザーがリモート デスクトップに接続すると、Horizon 7 は、クライアント システムを表の各プリンタに関連付けられている変換ルールと比較します。クライアント システムがプリンタに設定されているすべての変換ルールに該当する場合、またはプリンタに変換ルールが関連付けられていない場合、Horizon 7 はユーザーのセッション中にプリンタをリモート デスクトップにマッピングします。

クライアント システムの IP アドレス、名前、および MAC アドレス、さらにユーザーの名前とグループに基づいて変換ルールを定義できます。特定のプリンタに対し、1 つの変換ルールまたは複数の変換ルールを組み合わせて指定できます。

プリンタをリモート デスクトップにマッピングするために使われる情報は、リモート デスクトップの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\thinprint\tpautoconnect のレジストリ エントリに保存されます。

ロケーションベースの印刷のプリンタ設定

場所ベースのプリンタのプリンタ設定は、ユーザーのログアウト後またはデスクトップからの切断後も保持されます。たとえば、白黒モードを使用するようにユーザーがロケーションベースのプリンタを設定したとします。ユーザーがデスクトップからログアウトして再度ログインした後も、ロケーションベースのプリンタでは引き続き白黒モードが使用されます。

公開アプリケーションのセッション間でプリンタの設定を保存するには、ユーザーはアプリケーションの印刷ダイアログ ボックスからロケーションベースのプリンタを選択し、選択したプリンタを右クリックして、[印刷設定] を選択する必要があります。ユーザーがプリンタを選択し、アプリケーションの印刷ダイアログ ボックスで [環境設定] ボタンをクリックした場合、プリンタの設定は保存されません。

設定が、Microsoft が推奨するプリンタ ドライバの DEVMODE の拡張部分ではなく、プリンタ ドライバのプライベート空間に保存される場合、ロケーションベースのプリンタの永続設定はサポートされません。永続設定をサポートするには、プリンタ ドライバの DEVMODE 部分に設定が保存されるプリンタを展開します。