VMware Blast ADMX テンプレート ファイル (vdm_blast.admx) には、VMware Blast 表示プロトコルのポリシー設定が含まれています。ポリシーを適用すると、設定がレジストリ キー HKLM\Software\Policies\VMware, Inc.\VMware Blast\config に保存されます。

これらの設定は、HTML Access とすべての Horizon Client に適用されます。

表 1. VMware Blast ポリシー設定
設定 説明
Audio playback オーディオ再生をリモート デスクトップに対して有効にするかどうかを指定します。この設定では、オーディオ再生を有効にします。
Clipboard memory size on server サーバのクリップボード メモリ サイズの値をバイトまたは KB 単位で指定します。設定しない場合、メモリ サイズは KB 単位になります。

クライアントには、クリップボードのメモリ サイズの値(KB 単位)も設定されています。セッション設定後、サーバは自身のクリップボードのメモリ サイズの値をクライアントに送信します。有効なクリップボードのメモリ サイズは、クライアントとサーバのクリップボードのメモリ サイズの値の小さい方となります。

Horizon Client 4.9 以降では、Windows クライアントに対して、エージェント マシンからクライアント コンピュータへのクリップボード監査がサポートされています。Horizon Client 4.10 以降では、すべてのクライアントに対して、エージェント マシンからクライアント コンピュータへのクリップボード監査がサポートされています。

注: : エージェント マシンからクライアント コンピュータへのクリップボード監査をサポートしているのは Windows クライアントだけです。
Configure clipboard audit エージェント マシンでクリップボード監査機能を有効にするかどうかを指定します。この設定を有効にする場合、次のオプションを選択できます。
  • [どちらの方向も無効] - クリップボードのデータに関する情報は記録されません。
  • [クライアントからサーバへのみ有効にする] - クライアント マシンからエージェント マシンにコピーされたクリップボード データの情報が、エージェント マシンのイベント ログに記録されます。
  • [どちらの方向も有効] - クライアント コンピュータからエージェント マシンにコピーされたクリップボード データの情報と、エージェント マシンからクライアント コンピュータにコピーされたクリップボード データの情報が、エージェント マシンのイベント ログに記録されます。
  • [サーバからクライアントへの方向のみ有効] - エージェント マシンからクライアント コンピュータにコピーされたクリップボード データの情報が、エージェント マシンのイベント ログに記録されます。

この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、デフォルト値として [どちらの方向も無効にする] が使用されます。

注: : エージェント マシンからクライアント コンピュータへのクリップボード監査をサポートしているのは Windows クライアントだけです。他のすべてのクライアントでは、クライアント コンピュータからエージェント マシンへのクリップボード監査のみがサポートされます。

エージェント マシンで Windows イベント ビューアを使用して、イベント ログを表示できます。ログの名前は VMware Horizon RX Audit です。イベント ログを一元的に表示するには、VMware Log Insight または Windows Event Collector を設定します。

Configure clipboard redirection クリップボード リダイレクトの許容される動作を指定します。オプションは次のとおりです。
  • [どちらの方向も有効]
  • [どちらの方向も無効]
  • [クライアントからサーバへのみ有効にする]
  • [サーバからクライアントへのみ有効にする]

デフォルトは [Enabled client to server only(クライアントからサーバの方向のみ有効)] です。

Configure drag and drop direction

ドラッグ アンド ドロップを許可する方向を指定します。この設定を有効にする場合、次のオプションを選択できます。

  • [どちらの方向も無効]
  • [クライアントからエージェントの方向のみ有効]。クライアント システムからエージェントへのドラッグ アンド ドロップを許可し、逆方向は許可しません。
  • [エージェントからクライアントの方向のみ有効]。エージェントからクライアント システムへのドラッグ アンド ドロップを許可し、逆方向は許可しません。
  • [どちらの方向も有効]

この設定が無効または構成されていない場合、デフォルト値は [クライアントからエージェントの方向のみ有効] です。

この設定は、エージェントにのみ適用されます。

Configure drag and drop formats データ形式ごとに、許可されるドラッグ アンド ドロップの方向を設定します。[どちらの方向も無効][エージェントからクライアントの方向のみ有効][クライアントからエージェントの方向のみ有効][どちらの方向も有効] のいずれかを設定します。この設定を有効にする場合、次のオプションを選択できます。
  • [ファイル形式のオプション]
  • [テキスト形式のオプション]
  • [リッチテキスト形式のオプション]
  • [イメージ形式のオプション]
  • [HTML 形式のオプション]
  • [ファイル コンテンツ形式のオプション]

この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、すべての形式でデフォルト値として [どちらの方向も有効にする] が使用されます。

この設定は、エージェントにのみ適用されます。

Configure drag and drop size threshold ファイルとフォルダ以外の共通データ タイプをドラッグする際のサイズ制限が決まります。

この設定を有効にした場合は、[ドラッグ アンド ドロップのサイズ単位の選択] ドロップダウン メニューからドラッグ アンド ドロップの単位を選択します。[バイト][KB] または [MB] を選択できます。[ドラッグ アンド ドロップのサイズのしきい値] テキスト ボックスで、ドラッグ データのサイズを選択するか、入力します。各単位で有効なデータ範囲は次のとおりです。

  • [バイト]:1 ~ 1023
  • [KB]:1 ~ 1023
  • [MB]:1 ~ 16(ドラッグ アンド ドロップできるデータの最大サイズは 16 MB です)

この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、デフォルトのしきい値 (1 MB) が設定されます。

この設定は、エージェントにのみ適用されます。

Configure file transfer リモート デスクトップと HTML Access クライアント間のファイル転送について許可される動作を指定します。次のいずれかの値を選択できます。
  • [アップロードとダウンロードの両方を無効にする]
  • [アップロードとダウンロードの両方を有効にする]
  • [ファイルのアップロードのみを有効にする](ユーザーはクライアントシステムからリモート デスクトップにのみファイルをアップロードできます)。
  • [ファイルのダウンロードのみを有効にする](ユーザーはリモート デスクトップからクライアントシステムにのみファイルをダウンロードできます)。

デフォルトは、[ファイルのアップロードのみを有効にする] です。

この設定は、HTML Access 4.1 以降にのみ適用されます。

Cookie Cleanup Interval アクティブではないセッションに関連付けられている Cookie を削除する頻度(ミリ秒)を決定します。デフォルトは 100 ミリ秒です。
DSCP Marking この設定が有効になっている、または設定していない場合、ネットワーク ホップごとの個々の設定に従って、送信の Blast ネットワーク トラフィックに DSCP (Differentiated Services Code Point) 値を設定できます。無効になっている場合、Blast ネットワーク トラフィックで DSCP 値は設定されません。

有効になっている場合、次のネットワーク接続に範囲 0 ~ 63 の数値を設定できます。

  • DSCP from Agent, TCP/IPv4
  • DSCP from Agent, TCP/IPv6
  • DSCP from Agent, UDP/IPv4
  • DSCP from Agent, UDP/IPv6
  • DSCP from BSG to Client, TCP/IPv4
  • DSCP from BSG to Client, TCP/IPv6
  • DSCP from BSG to Client, UDP/IPv4
  • DSCP from BSG to Client, UDP/IPv6
  • DSCP from BSG to Agent, TCP/IPv4
  • DSCP from BSG to Agent, TCP/IPv6
  • DSCP from BSG to Agent, UDP/IPv4
  • DSCP from BSG to Agent, UDP/IPv6
  • DSCP from Client, TCP/IPv4
  • DSCP from Client, TCP/IPv6
  • DSCP from Client, UDP/IPv4
  • DSCP from Client, UDP/IPv6
Filter images out of the incoming clipboard data クライアントからエージェントに送信されるクリップボード データからイメージ データを取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter images out of the outgoing clipboard data エージェントからクライアントに送信されるクリップボード データからイメージ データを取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Microsoft Chart and Smart Art data out of the incoming clipboard data クライアントからエージェントに送信されるクリップボード データから Microsoft Office チャートおよび Smart Art データ (Art::GVML ClipFormat) を取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Microsoft Chart and Smart Art data out of the outgoing clipboard data エージェントからクライアントに送信されるクリップボード データから Microsoft Office チャートおよび Smart Art データ (Art::GVML ClipFormat) を取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Microsoft Office text data out of the incoming clipboard data クライアントからエージェントに送信されるクリップボード データから Microsoft Office のテキスト形式データ(BIFF12 形式)を取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Microsoft Office text data out of the outgoing clipboard data エージェントからクライアントに送信されるクリップボード データから Microsoft Office のテキスト形式データ(BIFF12 形式)を取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Microsoft Text Effects data out of the incoming clipboard data クライアントからエージェントに送信されるクリップボード データから Microsoft Office のテキスト エフェクト データ(HTML 形式)を取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Microsoft Text Effects data out of the outgoing clipboard data エージェントからクライアントに送信されるクリップボード データから Microsoft Office のテキスト エフェクト データ(HTML 形式)を取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Rich Text Format data out of the incoming clipboard data クライアントからエージェントに送信されるクリップボード データからリッチ テキスト形式のデータを取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter Rich Text Format data out of the outgoing clipboard data エージェントからクライアントに送信されるクリップボード データからリッチ テキスト形式のデータを取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter text out of the incoming clipboard data クライアントからエージェントに送信されるクリップボード データからテキスト形式のデータを取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
Filter text out of the outgoing clipboard data エージェントからクライアントに送信されるクリップボード データからテキスト形式のデータを取り除くかどうかを指定します。この設定が有効にされており、チェック ボックスがオンになっていると、データは取り除かれます。この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、データは許可されます。
H264 H.264 エンコードまたは JPEG/PNG エンコードを使用するかどうかを指定します。デフォルトでは、H.264 エンコードを使用します。
H264 High Color Accuracy 4:2:0 ではなく YUV 4:4:4 のカラースペースを使用することで、H.264 エンコード使用時のカラー精度が向上します。

この設定は、非常に高い解像度や複数のモニターを使用する場合にパフォーマンスが低下する可能性があります。

H.264 Quality H.264 エンコードを使用するように構成されたリモート ディスプレイのイメージ品質を指定します。ロスレス圧縮でイメージをどれだけ制御するかを決定する量子化の最小値および最大値を指定できます。最高のイメージ品質には量子化の最小値を指定できます。最低のイメージ品質には量子化の最大値を指定できます。次の設定を指定できます。
  • [H264maxQP](使用可能な値の範囲:0 ~ 51、デフォルト:36)
  • [H264minQP](使用可能な値の範囲:0 ~ 51、デフォルト:10)

最高のイメージ品質のためには、使用可能な値の範囲の +5 または -5 以内の量子化パラメータ (QP) 値を設定します。これらのパラメータにより、破棄されるデータの量が決まります。値を小さくすると、イメージ品質が高くなります。

HTTP Service セキュリティ サーバまたは Access Point アプライアンスとデスクトップの間の安全な通信 (HTTPS) に使用されるポートを指定します。このポートを開くようにファイアウォールを構成する必要があります。デフォルトは 22443 です。
Image Quality リモート ディスプレイのイメージ品質を指定します。2 つの低品質設定、2 つの高品質設定、および 1 つの中品質設定を指定できます。低品質設定は、スクロール発生時など、頻繁に変化する画面の領域に適しています。高品質設定は、より静的な画面の領域に適していて、イメージ品質がより高くなります。次の設定を指定できます。
  • [Low JPEG Quality(低品質 JPEG)](使用可能な値の範囲:10 ~ 100、デフォルト:25)
  • [Mid JPEG Quality(中品質 JPEG)](使用可能な値の範囲:10 ~ 100、デフォルト:35)
  • [High JPEG Quality(高品質 JPEG)](使用可能な値の範囲:10 ~ 100、デフォルト:90)
Keyboard locale synchronization クライアントのキーボード ロケール リストやデフォルト キーボード ロケールを、リモート デスクトップまたはアプリケーションに同期させるかどうかを指定します。この設定を有効にすると、同期が発生します。この設定は Horizon Agent にのみ適用されます。
注: : この機能は、 Horizon Client for Windows のみにサポートされます。
Max Frame Rate 画面更新の最大レートを指定します。この設定を使用して、ユーザーが使用する平均帯域幅を管理します。デフォルトは 1 秒あたり 30 回の更新です。
Max Session Bandwidth VMware Blast セッションの最大帯域幅をキロビット/秒 (kbps) 単位で指定します。この帯域幅には、イメージ、オーディオ、仮想チャネル、USB、および VMware Blast 制御のすべてのトラフィックが含まれます。デフォルトは 1 Gbps です。
Max Session Bandwidth kbit/s Megapixel Slope VMware Blast セッション用に予約された最大帯域幅スロープをキロビット/秒 (kbps) 単位で指定します。最小値は 100 です。最大値は 100000 です。デフォルト値は 6200 です。
Min Session Bandwidth VMware Blast セッション用に予約された最小帯域幅をキロビット/秒 (kbps) 単位で指定します。デフォルトは 256 kbps です。
PNG この設定を有効にしない、あるいは構成しない場合、PNG エンコードをリモート セッションに利用できます。この設定を無効にすると、JPEG/PNG モードにおけるエンコードでは、JPEG エンコードのみが使用されます。H.264 エンコーダが有効な場合、このポリシーは適用されません。デフォルトでは、この設定は構成されていません。
Screen Blanking デスクトップにアクティブなセッションがある場合に、デスクトップ仮想マシンのコンソールに、ユーザーに表示される実際のデスクトップを表示するか、空の画面を表示するかを指定します。デフォルトでは、空の画面を表示します。
UDP Protocol UDP プロトコルまたは TCP プロトコルを使用するかどうかを指定します。デフォルトでは、UDP プロトコルが使用されます。この設定では、レジストリ キーがある Horizon Agent マシンの再起動が必要となります。この設定は、常に TCP プロトコルが使用される HTML Access には適用されません。
Whether block clipboard redirection to client side when client doesn't support audit クリップボード監査機能をサポートしていないクライアント コンピュータへのクリップボード リダイレクトをブロックするかどうかを決めます。

この設定を有効にする場合、次のいずれかの値を選択する必要があります。

  • [ブロック]。クリップボード監査機能がエージェント マシンでサポートされていても、クライアント コンピュータでサポートされていない場合、エージェントとクライアント間のクリップボード リダイレクトがブロックされます。
  • [パススルー]。クリップボード監査機能がエージェント マシンでサポートされていても、クライアント コンピュータでサポートされていない場合、エージェントとクライアント間のクリップボード リダイレクトが許可されます。

この設定が無効にされているか、構成されていない場合は、デフォルト値は [ブロック] になります。

この設定を有効にするには、Configure clipboard audit グループ ポリシー設定を有効にする必要があります。

VMware Blast ポリシー設定の適用

クライアントのセッション中に、次の VMware Blast ポリシーの変更があった場合、Horizon Client は変更を検出し、直ちに新しい設定を適用します。

  • H264
  • Audio Playback
  • Max Session Bandwidth
  • Min Session Bandwidth
  • Max Frame Rate
  • Image Quality

他のすべての VMware Blast ポリシーについては、マイクロソフト GPO 更新ルールが適用されます。GPO は、手動または Horizon Agent マシンの再起動により更新できます。詳細については、Microsoft ドキュメントを参照してください。