リアルタイム オーディオビデオ機能で、ローカル クライアント システムに複数の Web カメラまたはマイクが接続されている場合、リモート デスクトップまたは公開アプリケーションで使用されるデバイスは 1 つだけです。Horizon Client でリアルタイム オーディオ ビデオ機能を設定して、優先的に使用する Web カメラまたはマイクロフォンを指定できます。

使用可能な場合、優先 web カメラまたはマイクがリモート デスクトップまたは公開アプリケーションで使用されます。優先 Web カメラまたはマイクが使用できない場合は、他の Web カメラまたはマイクが使用されます。

リアルタイム オーディオビデオ機能を使用すれば、ビデオ デバイス、オーディオ入力デバイス、およびオーディオ出力デバイスは USB リダイレクトを使用せずに動作し、必要となるネットワーク バンド幅の量は大幅に削減されます。アナログ オーディオ入力デバイスもサポートされます。

注: : USB Web カメラやマイクロフォンを使用している場合は、 Horizon Client[USB デバイスを接続] メニューから接続しないでください。このメニューから接続すると、デバイスは USB リダイレクトによってルーティングされるので、デバイスはリアルタイム オーディオビデオ機能を使用できなくなります。

前提条件

  • USB Web カメラや USB マイクまたは他のタイプのマイクがインストールされ、ローカル クライアント システムで動作できる状態であることを確認します。
  • リモート デスクトップや公開アプリケーション用に VMware Blast 表示プロトコルまたは PCoIP 表示プロトコルを使用していることを確認します。
  • サーバに接続します。

手順

  1. [設定] ダイアログ ボックスを開いて、左ペインで [リアルタイム オーディオビデオ] を選択します。
    • デスクトップとアプリケーションの選択ウィンドウの右上隅で、[設定](歯車のアイコン)をクリックします。
    • デスクトップとアプリケーションの選択ウィンドウでリモート デスクトップまたは公開デスクトップを右クリックして、[設定] を選択します。
  2. 優先 Web カメラを選択するには、[優先 Web カメラ] ドロップダウン メニューから、Web カメラを選択します。
    メニューには、クライアント システムで使用可能な Web カメラが表示されます。
  3. 優先マイクを選択するには、[優先マイク] ドロップダウン メニューから、マイクを選択します。
    メニューには、クライアント システムで使用可能なマイクが表示されます。
  4. 変更内容を保存するには、[OK] または [適用] をクリックします。

結果

リモート デスクトップや公開アプリケーションを次回起動するときに、優先するように選択した Web カメラやマイクが、リモート セッションにリダイレクトされます。